TOPへ戻る

 

予防歯科

予防歯科

メンテナンス

定期的に歯のお掃除とチェックをしていくことにより、現在のお口の状態を維持することを目的に行います。

基本的なメンテナンスの流れ

・歯周ポケット検査、虫歯チェック
・歯磨き指導(清掃状態に応じて染め出し)、悪習慣に対する指導(はぎしりやくいしばり、食生活など。)
・歯石除去、着色除去
・仕上げ磨き(虫歯、歯周病の原因菌のバイオフィルムを磨き落とします。)

歯周ポケット検査

歯と歯肉の間の歯周ポケットの深さをはかり、歯周病の進行を検査します。
(歯周病が進行すると、歯周病菌の影響で歯を支えている骨が溶けていきます。それにより歯周ポケットが深くなっていきます。)
また歯肉に炎症があると検査のとき歯肉から出血します。(歯肉炎の確認)

歯周病とは

歯ぐきや歯を支えている骨などに異常をきたす病気です。
初期の段階だと歯ぐきからの出血・歯ぐきの腫れなどの症状があり、進行していくと口臭・歯が長くなる・歯がぐらぐらするといった症状が出てきます。
最終的には歯が自然に抜けてしまう怖い病気です。
痛みなく自覚症状がないまま進行していくことが多いので、定期的に検査していくことが大切です。

歯磨き指導

虫歯、周病予防には歯磨きがとても重要です。歯磨き指導以外に、食生活やはぎしりなどの悪習慣に対する指導も行います。
必要に応じて染め出し液を歯に塗布します。細菌の付着がある部分に色が付き、歯磨きの行き届いてないところ、リスクの高いところがわかります。

歯石除去

超音波の機械を使用し、歯石を除去していきます。
(しみる症状やお痛みがある場合は、痛みがでないよう手用の器具などを使用します。)

歯石とは

歯についた汚れ(プラーク)が石灰化して硬くなったものです。
軽石のように表面がざらざらしており、汚れがつきやすくなるので歯周病の大きなリスクとなります。
歯と強固にくっついて歯ブラシでは落とせないので、専門家に取ってもらう必要があります。

着色除去

磨き落とすことが困難な場合、エアフローという粉のスプレーを使用し、歯の間の細かい着色まで落としていきます。

PMTC

仕上げの磨きでは、回転数が低くヘッドが小さい器械を使い、歯を過剰に傷つけずにしかっり奥の歯まで磨いていきます。
また虫歯、歯周病リスクにより研磨剤を使い分けていきます。

治療の説明

各自由診療の概要説明です。詳細は別ページに準備しておりますのでご覧ください。

歯周病

治療内容 GTRという歯周組織の再生を促す治療法を行う場合がある
また、エムドゲインという吸収されてしまった部分に直接、歯周組織の再生を促す薬剤を塗布する治療法を行う場合がある
費用再生療法/歯肉移植 1歯あたり ¥80,000
リスク移植した自家骨または、人工骨が歯肉の縫合の裂開により感染することがある

審美歯科

治療内容 口元に「美しさ」をプラスする治療法
費用ジルコニア:¥130,000〜¥150,000
ラミネートベニア:¥85,000
リスクセラミックの破折、色調の再現に限界があります

インプラント

治療内容 欠損部分に人工歯を取り付ける治療法
費用¥310,000〜¥450,000
リスクインプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要

予防歯科(PMTC)

治療内容 専用機器を用いた歯のクリーニング
費用全顎 ¥10,000
リスクまれにしみる症状が出ることがございます

ホワイトニング

 
治療内容 気になる歯の着色を白くする治療
費用ホームホワイトニング ¥20,000
オフィスホワイトニング ¥24,000
ウォーキングブリーチ ¥35,000
リスク場合によっては後戻り・知覚過敏になる可能性があります