TOPへ戻る

インプラント

インプラント治療担当医が在籍 "難症例" も対応可能
他の医院でインプラントを断られた方もあきらめないで下さい。

精密な医療機器を用いた診査・診断 インプラント担当医による安心

当院では東京医科歯科大学病院の治療に則った標準的な治療をベースとして診査、診断を行います。
治療計画のためにインプラント症例すべてに院内CT撮影をさせて頂いております。

それと連動させて先進的なコンピュータガイドシステムを用いることでシミュレーション通りの正確な位置にインプラントを埋入することが可能であり、最小限の切開、最小限の骨および歯肉移植で手術を行うことが可能です。

また骨が足りなくてインプラントが難しい症例への骨増生、手術に対して恐怖心の強い方にリラックスして手術を受けて頂く麻酔(静脈内鎮静法)、全身疾患をお持ちの方等にも対応しております。
お気軽にご相談下さい。

横浜駅西口歯科のインプラント治療の特徴

① 腫れ、痛みを最少限に抑える治療

コンピュータガイドシステムや精密の医療機器を使うことで歯肉と骨へのダメージを最少限に抑えます

精密機器を利用した治療

東京医科歯科大学の治療システムを基に最高レベルの治療機器と診断機器をそろえています。
シロナ社(旧シーメンス)製のCT診断機器にこだわり高精度の精密治療を行っていきます。

ストローマンガイドの手順

1 2

型取りをして歯の模型をつくります。

それぞれの模型を使ってCTを撮る時に使う装置を作ります。スキャンテンプレート。

3 4

スキャンテンプレートを装着した状態でCT撮影をします。

CTデータをもとにインプラントのプランニングをします

5 6

プランニングに従ってサージカルテンプレートを作製します。

出来上がったサージカルテンプレートを使ってインプラントの手術をします。
これによってシミュレーション通りの正確な位置にインプラントを埋入することが出来ます。

② 先進的CT

しっかりと骨の状態を把握して安全にインプラントするにはCTが必須となります。
外部の医療機関にCTを依頼すると費用が3万円ほどかかってしまうところ、当院では院内CTがあるため、インプラント予定の方はCT撮影無料です。

従来のパノラマレントゲン画像

CT画像

2次元の平面画像のみ

立体で把握

CT撮影の重要性

インプラント治療ではあごの骨がどういう形態になっているかを立体的に診ることが欠かせません。
従来のレントゲンでは2次元の平面画像しか得られませんが、CTを用いると3次元の立体画像が得られ、平面画像ではわからなかった歯やあごの骨の詳細な立 体構造や神経の位置などを精度高く把握することができます。そのため当院では手術前にCT撮影をお願いしています。

インプラント治療の診査目的でCTを他で撮影しに行ってもらうと3万円ぐらいはしてしまうところ、当院は院内CTがあるため無料で行うことが可能です。

③ ストローマンインプラント

世界シェアNo.1 で骨とのくっつきが早いスイス製インプラントです。
学術的な裏付けのある製品を製造しており、世界で信頼されるブランドです。

当院で利用するインプラントは世界シェアNo.1、骨結合の早いインプラント

普通インプラントと骨が定着するのには3か月から6か月という長い期間がかかります。
しかし当院で使用しているストローマンインプラントは健全な骨の場合1.5ヶ月というチタン製インプラントとしては極めて早い骨結合期間で定着します。
治療期間の短縮につながるとともに、それによってまわりにある歯の移動も防ぐことができます。
また症例によっては1ヶ月で被せものまで入れることが可能なstraumannSLActiveを使用しています。
さらに強度が必要な場合にはstraumannSLActive Roxolidをアメリカから取り寄せて使用することもあり、各種ストローマンインプラントを使い分けております。
ストローマンは科学的エビデンスに重きを置いており、世界で信頼されているインプラントメーカーです。
世界シェアNo.1インプラントですので引っ越し等で歯科医院を変える際にも対応がしやすいメリットもあります。

④ 手術室

極力感染を抑えるためオペ室用の空気清浄機を備えたクリーンルームとなっています。
難症例や歯科恐怖症の方にも安心して手術を受けて頂けるよう麻酔設備も完備しております。

オペ室
無影灯

⑤ 難しい症例に対応

口腔外科出身のドクターが中心のため、骨が足りなくて他院でインプラントを断られた方や全身疾患のため他院でインプラントを断られた方等でも対応可能です。

治療前 シュミレーション

難しい症例も正確なシュミレーションをもとにインプラント埋入位置を決定

術前に撮影したCT画像でインプラントのシミュレーションを行います。
このケースの場合、上顎の骨が足りないためシミュレーションのインプラントが上顎洞(副鼻腔の1つ)に突き出ています。
このようなケースでインプラントをする場合はサイナスリフトが必要になります。

治療前 シュミレーション

⑥ 包括的治療

いくらいいインプラントが入っても咬み合わせや他に悪い部位があればうまく咬めません。
お口の中全体の状態から治療計画を立て、必要な場合には歯周病治療、歯の神経の治療、矯正治療、被せ物治療等それぞれのスペシャリストが担当致します。

⑦ 仕上がりへのこだわり

インプラントは術式によって仕上がりに大きな差が出ます。インプラントを機能させるだけなら簡単なケースでも
審美的に仕上げるには骨や歯肉の造成が必要になり、術式の難易度があがります。
当院ではどの術式でも対応出来るような体制をとっており、患者さん一人一人に合った術式を良く相談のうえ、治療を進めていきます。
手術の回数を減らすため、症例によっては抜歯をした日にインプラントも埋めてしまう、抜歯即時インプラント埋入も行っています。

インプラントについて

安心保証

保証期間はインプラント治療を安心して行っていただくためインプラント本体10年、上部構造2年を実現しております。

医療費控除について

医療費控除は1年間に医療機関に支払った医療費用の合計金額が200万円までの範囲で、10万円を超える部分について受けられる制度です。
その対象としてインプラント費用も認められているので、この制度を利用して医療費用の負担を軽減することができます。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療は、ブリッジや入れ歯のような他の治療と比べて、「自分の歯を守る」という点では大きなメリットがありますが、デメリットも幾つかあります。

インプラント治療の6つのメリット

インプラント治療には次のようなメリットが挙げられます。

① 残った歯を守る

隣の歯を削って支台としたり支えとする必要がなく、インプラント自体がしっかりと噛む力に耐えることができるので残っている周りの歯を守ることができます。

② 取り外しの煩わしさがない

これはブリッジにも共通して言えることですが、入れ歯のように毎晩取り外したり洗浄する必要がないのと、食事の度に入れ歯と歯茎の間にものが挟まるといったこともありません。

③ 違和感が少ない

入れ歯からインプラントにされる方の理由で多いのが違和感ですが、入れ歯の場合は口蓋を覆うプレートがあったり、下の歯の内側にバーが通っていていつも舌に当たっていたりと本来口の中にないものがあるせいで違和感を覚えることが多いです。一方インプラントの場合は基本的には元々歯があった場所にインプラントの歯がくるだけですので、異物が増えるといった感覚は少なくて済みます。

 

④ よく噛める

自分の歯に近い感覚でしっかり噛むことができ、食べ物をおいしく味わえます。またスムーズな咀嚼運動によって脳活性化され、認知症予防にもなります。

 

⑤ 笑顔に自信が持てる

入れ歯のように外れる心配がなく、金属の装置が見えるようなこともないため天然の歯と同じような見た目で自信を持って笑うことができます。

インプラント治療の3つのデメリット

インプラント治療には次のようなデメリットが挙げられます。

①保険適応外

インプラントは保険適応外のため保険診療と比べると治療費が高くなります。インプラントの治療内容によって費用は変わってきますのでご自身の場合の費用を確認して治療を進めることが大切です。

 

②手術が必要 

インプラントは入れ歯やブリッジと違い、骨の中にインプラントを埋め込む手術が必要になります。手術の程度によって術後の腫れの程度も変わってきます。

 

③治療期間が長め 

インプラントの手術をしてから骨とインプラントがくっつくのを待つ期間が必要になります。骨の状態によって待つ期間は異なりますが、入れ歯やブリッジより治療期間は長くなります。

 

インプラント症例

インプラント症例をご紹介

インプラント 治療例 ①

骨造成を行いインプラント修復したケースです。

治療前

 

治療後

 
主訴

前歯を治したい

治療期間

9ヶ月

治療費

治療費120万円

リスク

インプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要

>> インプラント 治療例 ①を詳しく見る

インプラント 治療例 ②

多数歯欠損をインプラントで修復したケースです。
多数の歯が欠損している部分に合計6本のインプラントを埋入して、ご自身の歯の様に咬めるようになりました。
骨が薄かった部分には骨造成をして骨の厚みを増やしてからインプラントをしています。

治療前

 

治療後

 
   
主訴

しっかり咬めるようになりたい

治療期間

11ヶ月

治療費

400万円

リスク

インプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要

>> インプラント 治療例 ②を詳しく見る

インプラント 治療例 ③ サイナスリフト、ブロック骨増生

主訴

右上奥にインプラントをしたい。

治療期間

10か月

費用

約120万円

リスク

インプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要

>> サイナスリフトとインプラント埋入の症例を詳しく見る

インプラント 治療例 ④ インプラント + セラミックス修復とホワイトニング

下の奥歯にインプラント、他にも根管治療やセラミックス修復、ホワイトニングなど包括的な治療をした症例です。
治療期間は11ヶ月です。

治療前

 

治療後

 
 
主訴

全体的に悪いところを治したい、綺麗にしたい

治療期間

11か月

治療費

治療費300万円

リスク

インプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要

>> インプラント 治療例 ④ インプラント + セラミックス修復とホワイトニングを詳しく見る

インプラントよくあるご質問

Q.1 なるべく早く治療したいのですが…

A.

当医院はストローマンインプラントを利用しています。
骨との結合が早く、かつ結合の強いインプラントです。骨の条件が良ければ手術から最短で1か月半で治療終了できます。

Q.2 手術はしたくないのですが…

A.

CTデータを基にしたコンピューターシュミレーションサージカルガイドを用いることにより最少限の切開と必要最小限の侵襲で正確なインプラント埋入が行えます。
それによって手術時間は短縮され、術後の腫れと痛みも減少します。
ケースによって様々ですが、簡単なケースでは手術時間15分程度で術後まったく痛みを感じない場合もあります。
手術に対する恐怖心が強い場合は静脈内鎮静法によって寝ている間に手術を終えることができます。

Q.3 キレイに治したい

A.

補綴担当医と口腔外科医が連携することにより、最終的な位置を想定した高精度なインプラント埋入と精密審美治療が行えます。

Q.4 費用はどのくらいかかるの?

A.

院内でかかる費用はホームページで開示しております。
インプラントはスタンダードプランで最高品質のストローマンインプラントとしては地域最安となっております。
不明な点はお気軽にスタッフにお尋ねください。 また、治療の前にかかる費用については見積もりをお出しいたします。

Q.5 CTで何がわかるの?

A.

骨の形態がほぼすべてわかります。インプラントを埋入するための骨幅や骨の量、神経や血管の位置など必要な情報のほとんどを得ることができます。
レントゲンでは見つけることが難しい根の先の病巣や歯の割れ、根の間の病巣など見つけにくいトラブルの原因を見つけることができます。

Q.6 放射線量は?

A.

当院で用いているCTはコーンビームCTといって非常に被ばく量の少ないCTを用いてい ます。医科用胸部CTの線量は6400μシーベルトですが当院のCTは60~150μシーベルト程度です。東京ニューヨーク間を飛行機で移動した場合に機 内で浴びる放射線量は200μシーベルトです。当院では細心の注意で必要な時だけCT撮影を行っております。

Q.7 高齢でもインプラントはできるの?

A.

年齢に関係なくインプラントは可能です。
当院では80歳以上の方でもインプラントをされています。

ただやはり高齢の場合には体力が落ちていたり、何かしら全身疾患を抱えている場合が多く、それぞれ個々に対応させて頂いてます。

Q.8 メンテナンスは必要な?

A.

当然必要です。
患者様のリスクにより頻度は変わりますが平均で3ヶ月に一回のペースでメンテナンスにお越しいただいております。
インプラントに限らず一般の歯科治療を行っている方も3ヶ月に一回くらいのペースでのメンテナンスは必要です。

Q.9 インプラントに保証制度はありますか?

A.

横浜駅西口歯科では、患者様に安心してインプラント治療を行っていただくためインプラント本体10年、上部構造2年の保証制度がございます。

Q.10 インプラント治療の成功率は?

A.

インプラント治療の成功率は98%以上。インプラントはほとんどのケースで問題なく成功しますが、タバコを吸っていたり、定期的なメンテナンスを怠ると失敗の原因になります。他には骨質や骨量の問題、咬み合わせの問題、全身疾患等もリスク因子になります。

Q.11 歯は、抜けるのですがインプラントは、抜けないのですか?

A.

インプラントにはインプラント周囲炎といって歯の歯周病のようなものがあります。これが悪化するとインプラントも抜けます。予防のためには日々のご自身の歯磨きと定期的なメンテナンスを続ける必要があります。基本的には歯よりもインプラントのほうが抜けにくいです。

Q.12 インプラントって取り外せるのですか?

A.

インプラントは3つの構造物から出来ていて、インプラント本体にあたるフィクスチャーと その上につける土台にあたるアバットメント、さらにその上につける歯の被せものの上部構造からなります。フィクスチャー自体は骨とくっついてしまうので取 り外し出来ませんが、上部構造は様々な種類があるのでものによって取り外しも可能です。取り外せるもののほうがメンテナンスはしやすいです。

Q.13 歯磨きは、めんどくさいのですがインプラントは、やってみたいのですが?

A.

インプラントも天然の歯と同じように歯磨きをしないとダメになってしまいます。インプラントをする場合は歯磨きは必ず必要です。
歯磨きを楽にしたい場合は入れ歯を支える形のインプラント(ロケーター)にすると磨く場所が少ないので比較的お手入れは楽になります。

Q.14 1ヶ月でインプラント治療は、可能ですか??

A.

骨の条件が良くて、骨とのくっつきが早いタイプのインプラントを使えば1ヶ月でインプラント治療は可
能です。但し、歯を抜いてからしばらく時間がたっている場合です(3ヶ月程度)。
歯を抜いてから治癒する期間も含めると3ヶ月以上かかります。

Q.15 抜歯して1年以上たってもインプラントは、可能ですか?

A.

可能です。但し、抜歯後の期間が長すぎると骨が減って、インプラントをするうえで不利になることがあります。

インプラント担当医 ご紹介

審美・インプラント・口腔外科 担当 院長:大橋 豪

略歴

米国ニューヨーク州にて幼少期を過ごす
栄光学園、慶應義塾大学入学
2007年 国立東京医科歯科大学卒業、同大学附属病院勤務
2009年 国立国際医療研究センター病院歯科口腔外科 勤務
2016年 横浜駅西口歯科 開設

資格

日本口腔外科学会担当医
岩手医科大学CEインプラントコース修了
ハーバード大学CEインプラントコース修了

専門分野

口腔外科 
インプラント治療
オールセラミックス審美治療

所属学会

日本口腔外科学会 
日本歯科麻酔学会
日本口腔インプラント学会 
ITIメンバー
AACD Member (American Academy of Cosmetic Dentistry)

スタディグループへの参加状況

 

インプラント 担当:藤井 政樹

横浜駅西口歯科ドクター:藤井 政樹

略歴

東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業
東京医科歯科大学歯学部附属病院勤務(研修医)
東京医科歯科大学大学院 インプラント口腔再生医学 博士号取得
東京医科歯科大学インプラント口腔再生医学 大学院研究生
東京医科歯科大学歯学部附属病院 インプラント外来勤務
東京医科歯科大学高齢者歯科学分野 非常勤講師
東京医科歯科大学インプラント外来 非常勤講師
昭和大学歯科病院インプラント歯科学 助教
松本歯科大学補綴学講座 講師
東京医科歯科大学インプラント外来 非常勤講師 退職

所属学会

日本口腔インプラント学会
日本顎顔面インプラント学会
ITI(International Team For Implantology)
老年歯科医学会

資格

日本歯科医師免許
ITI公認インプラントスペシャリスト

専門分野

インプラント治療全般
インプラント治療における骨移植
インプラント治療における骨補填材とソケットプリザベーション
インプラント周囲炎に対する治療
他の歯科医院におけるインプラント治療のトラブル対応
訪問診療におけるインプラント治療後のトラブル対応
インプラントの上部構造の形態と清掃性

書籍

インプラント治療のトラブル&リカバリー
診療室からはじまる高齢者歯科(7章インプラント)
訪問診療での歯科臨床(5章歯科訪問診療におけるインプラント)
在宅診療(訪問インプラント対応クリニックの紹介)
DH style(歯科衛生士が知っておくべき超高齢社会に対応したインプラントメインテナンス)
PDN通信(要介護者のインプラント管理)

スタディグループへの参加状況

   
 
 

診療日程のお知らせ

 

インプラントカウンセリングWEB予約はこちら

※無断キャンセル及びやむを得ない場合を除いて予約直前(3日前)のキャンセルはご遠慮ください。


セカンドオピニオン

当院はインプラントセカンドオピニオンを受付けております。

セカンドオピニオンとは…?

「医者をかえる」ことではありません。
現在治療中の医師との良好な関係を保ちながら、複数の医師の意見を聞くことです。

医療が進歩してさまざまな治療法が生まれています。
その結果、医師によってあなたの病気に対する考え方が違うことがあります。
また、医師や病院によって、 医療技術や診療の質に差があることも考えられます。
そこで、あなたにとって最善と考えられる治療を、患者と主治医で判断するため、主治医以外の医師の意見 を聞くこと。
それがセカンドオピニオンです。

場合によっては、医師を変更することもあります。

納得して治療法を選ぶことは、患者の持つ基本的な権利です。

同じ手術をするとしても、「どんなリスクがあるのか」「ほかにどんな選択肢があるのか」を知ったうえで行うことは、非常に重要なことです。

セカンドオピニオンは、患者の権利を守ると同時に、医師にとっても誤診を回避するなど多くのメリットを持ったしくみです。

セカンドオピニオンへのお問合せについて

横浜駅西口歯科ではセカンドオピニオンを受付けております。

お問合せ、ご相談の際には下記電話までご連絡下さい。
※ ご連絡の際には、「ホームページのセカンドオピニオンを見た」とお伝え下さい。

地図・診療時間

地図



住所

〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルディング ANNEX館4F

電話番号

Tel:045-620-0418  << ワンタッチでお電話可能です。>>

診療時間・休診日

診療時間 土日祝
午前診療
10:00 ~13:30
午後診療
15:00 ~20:00

※ 土・日の診療時間は 午前診療:9:00-13:30 午後診療:15:00-18:30 となります。

院内紹介

待合室・受付

診療室

医療機器

治療の説明

各自由診療の概要説明です。詳細は別ページに準備しておりますのでご覧ください。

歯周病

治療内容 GTRという歯周組織の再生を促す治療法を行う場合がある
また、エムドゲインという吸収されてしまった部分に直接、歯周組織の再生を促す薬剤を塗布する治療法を行う場合がある
費用 再生療法/歯肉移植 1歯あたり ¥88,000
リスク移植した自家骨または、人工骨が歯肉の縫合の裂開により感染することがある

審美歯科

治療内容 口元に「美しさ」をプラスする治療法
費用 ジルコニア:¥143,000〜¥165,000
ラミネートベニア:¥143,000
リスクセラミックの破折、色調の再現に限界があります

インプラント

治療内容 欠損部分に人工歯を取り付ける治療法
費用 ¥341,000〜¥495,000
リスクインプラント周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要

予防歯科(PMTC)

治療内容 専用機器を用いた歯のクリーニング
費用全顎 ¥13,200
リスクまれにしみる症状が出ることがございます

ホワイトニング

 
治療内容 気になる歯の着色を白くする治療
費用 ホームホワイトニング ¥22,000
オフィスホワイトニング ¥26,400
ウォーキングブリーチ ¥55,000
リスク場合によっては後戻り・知覚過敏になる可能性があります