TOPへ戻る

お知らせ

タグアーカイブ: 親知らず

親知らずの抜歯は腫れますか?

抜歯後は必ず腫れます。

腫れの程度は個人差がありますが、ほとんど目立たない場合からまわりから見ても腫れているのが分かるくらい腫れる場合もあります。

抜歯の翌日か翌々日が腫れのピークになります。
その後は自然と引いてきます。抜歯後に1~2週のあいだに、旅行、出張、プレゼンなどの大事な行事がある場合は抜歯をお勧めしません。

大事な行事の際に腫れが引いていなかったり、痛みが残っている場合がありますので、よほどの理由がない限り、1~2週間になにもない時期の抜歯をお勧めします。

親知らず専門外来のHPを公開致しました。

親知らず 専門外来HPを見る

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:よくあるご質問, 親知らず and tagged ,

親知らずの抜歯は痛いですか?

しっかり麻酔を効かせて抜歯を行いますので抜歯中はほとんど痛みは感じません。

麻酔は表面麻酔をしっかり効かせてから注射の麻酔を行いますので、麻酔薬を注入している際の不快感を軽減させながら行います。

万が一、抜歯中に痛みがある場合は麻酔を追加して痛みがない状態にします。

痛みがあるうちは抜歯をしませんので安心してください。

親知らず専門外来のHPを公開致しました。

親知らず 専門外来HPを見る

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:よくあるご質問, 親知らず and tagged ,

他の歯科医院で大学病院を勧められました。普通の歯医者さんでも抜けませんか?

大学病院でおこなっている治療を当院でもおこなっています。

まずはお気軽にご相談ください。

親知らず専門外来のHPを公開致しました。

親知らず 専門外来HPを見る

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:よくあるご質問, 親知らず and tagged

痛みがあるのですぐに親知らずを抜いてほしいです。すぐに抜けますか?

痛みがある状態は炎症が起きている状態です。

炎症がある状態で抜歯をすると、麻酔が効きにくかったり、抜歯後の炎症がさらに強くなるので抜歯はできません。

痛みがある場合はまずは抗生物質を飲んで炎症をおさえてから抜歯を試みるのが鉄則です。

親知らず専門外来のHPを公開致しました。

親知らず 専門外来HPを見る

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:よくあるご質問, 親知らず and tagged ,

抜かないで治す方法はありますか?

親知らずの痛みは細菌によるものの場合がほとんどです。

抗生物質を飲めば細菌の量を減らせるので、一時的に症状を改善することができます。

ただ、時間がたつと細菌が増殖してきますので、抜歯をして細菌が溜まらないようにしないと根本的な解決にはなりません。

親知らず専門外来のHPを公開致しました。

親知らず 専門外来HPを見る

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:よくあるご質問, 親知らず and tagged

痛みや腫れ以外にどのような症状がありますか?

炎症が喉に広がると飲みこみの時に喉に痛みを感じたり、飲みこみにくさを感じます。

また、口を開けたり閉じたりする筋肉に炎症が及ぶと口が開きづらくなったり、口を開けた時にあごに痛みを感じます。

炎症が首の方に及ぶと首が腫れることがあります。

一番怖いのが、炎症が喉の奥に及ぶと、気道を塞いでしまい呼吸困難となる場合があり、早急な治療が必要になります。

親知らず専門外来のHPを公開致しました。

親知らず 専門外来HPを見る

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:よくあるご質問, 親知らず and tagged ,

なぜ親知らずのまわりが痛くなったり、腫れたりするのですか?

歯と歯肉の隙間から細菌が入り込み、痛みや腫れ(炎症)を引き起こします。

親知らずが完全に埋まっていても、細菌が入り込む隙間はあるため、痛みや腫れを引き起こすことがあります。

要するに細菌感染が原因となります。

親知らず専門外来のHPを公開致しました。

親知らず 専門外来HPを見る

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:よくあるご質問, 親知らず and tagged ,

親知らずは抜かないといけませんか?

親知らずの一部だけが歯肉から出ている場合や、横に埋まっていたりすると、歯肉が腫れてきたり、痛みの原因となることがあります。

その場合は抜いたほうが良いと思われます。

また、親知らずが原因で親知らずの1つ手前の歯がむし歯になることがあり、その場合も手前の歯を守るために親知らずの抜歯が必要です。

親知らず専門外来のHPを公開致しました。

親知らず 専門外来HPを見る

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:よくあるご質問, 親知らず and tagged

親知らずってなんですか?

親知らず(親不知)とは前歯(中切歯)から8番目の歯で最も奥に生える歯のことです。

20歳くらいから生えてくることが多く、親がその生え始めを知らないことからこのような名前がついたとされています。上下左右で1本ずつあり合計4本あります。

正式には第3大臼歯という名前です。
智歯(ちし)とも言います。

親知らず専門外来のHPを公開致しました。

親知らず 専門外来HPを見る

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:よくあるご質問, 親知らず and tagged ,

難しい親知らずの抜歯

難抜歯症例1

当院ドクターが担当した難抜歯ケースをお見せします。

親知らず抜歯

画像の黄色い二重線で描かれた部分に下歯槽神経という下唇と下の歯の感覚の神経が通っています。また親知らずの根が曲がっており、抜歯が困難なケースです。

親知らずと神経が近接していると術後神経麻痺のリスクが高まります。
安全に抜歯するため、CT撮影をして、神経と親知らずの位置関係をしっかり確認してから抜歯させて頂きました。術後の神経麻痺等はなく経過良好です。

親知らず専門外来のHPを公開致しました。

親知らず 専門外来HPを見る

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:症例集, 親知らず and tagged ,