TOPへ戻る

お知らせ

タグアーカイブ: 歯周病

歯を失う原因の第1位は歯周病

日本において、歯を失う原因の第1位は歯周病です。しかも全体の41.8%と半数近くの歯が歯周病によって失われています。

歯周病は「サイレントキラー」といわれ、初期段階では自覚症状があまり出ないため、気がつかないうちに進行してしまいます。
痛みや歯の揺れといった自覚症状が出てくるころには、重度の歯周病に罹っているケースが多くあります。
軽度の歯周病を含めるとほとんどの成人が歯周病に罹っているといわれています。

ところで、歯周病とはどのような病気なのかご存じでしょうか?…簡単に説明しますと、細菌により歯を支えている骨が溶けていく病気です。

歯肉の病気だと認識している方も多いようですが、まず歯肉炎を起こして、その細菌がどんどん歯肉の中を進み、歯の骨まで到達します。

そして徐々に歯の骨を溶かしていきます。一度溶けてしまった骨はなかなかもとには戻りません。

歯石や歯垢などの細菌のすみかを除去して、正しい歯ミガキを行うことで予防と進行抑制ができますので、早めに歯医者に受診することをお勧めします。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:歯周病, 診療内容 and tagged ,

インプラントを長持ちさせるためには、どうすれば良いのですか?

インプラントを長持ちさせるためには、がどのような理由でダメになってしまうかを知る必要があります。

インプラント自体はチタンでできているネジなので、腐食をおこしたり折れたりすることは滅多にありません。

また、当然ですがセラミックの歯が虫歯になることもありません。

しかし、インプラントも歯周病と同じような状態になることがあり、これをインプラント周囲炎と呼びます。

インプラント周囲炎とは、インプラント周囲の歯ぐきが炎症を起こし、最終的にインプラントを支えている周りの骨を溶かしてしまう病気です。

歯周病やインプラント周囲炎の原因は主に、歯やインプラントの周りに付着するプラーク(細菌のかたまり)で、歯ブラシ(セルフケア)を怠ったり、定期的なメンテナンス(プロケア)を受けなかったりすることで、発症しやすくなります。

特に、歯周病が原因で歯を失ってインプラントにした方は、今までの歯ブラシの方法や頻度、あるいは定期メンテナンスの期間を見直す必要があります。

インプラントを長持ちさせる最大の秘訣は、インプラントも自分の歯と同じようにしっかりと磨くことと、定期的なメンテナンスを受け、仮にトラブルが起きても早期発見・早期治療を行うことが重要です。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged , , , ,

インプラントをしていたら歯周病になりませんか???

インプラントは完全に人工物でできているのでむし歯になることはありませんが、歯周病のようにインプラントの周りの組織に炎症が起こり、インプラントを支えている骨が溶けてしまうことがあります。

厳密にはその進行状況に応じて、「インプラント周囲粘膜炎」と「インプラント周囲炎」に大別され、これらを総称して「インプラント粘膜周囲疾患」と言います。「インプラント周囲粘膜炎」と「インプラント周囲炎」の違いを表に示します。

名称未設定-2

どちらも、セルフケアとプロケアによる予防が非常に重要になってきます。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged , ,

インプラントするとどんなメリットがありますか?

インプラントの一番のメリットは周りの歯に負担をかけることなく、むしろ周りの歯を守ってくれることです。その上、しっかりと噛むことができます。
歯を失った場合の治療法はインプラントの他に、入れ歯かブリッジになりますが、どちらも残っている歯に負担をかけるため、将来的にさらに歯を失う原因になることがあります。
入れ歯の場合は歯を削る量は少なくて済みますが、違和感が強いことが多く、インプラントにすることで歯茎を覆っている部分を少なく、あるいは無くすことが出来ます。ブリッジの場合は自分の歯をかなり削る必要がありますが、インプラントの場合は自分の歯を削る必要はありません。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged , , ,