TOPへ戻る

お知らせ

タグアーカイブ: ブリッジ

インプラントの代わりになる治療は、ありますか?

インプラントができない場合の治療法としては、固定式のブリッジと取り外し式の入れ歯があります。

ブリッジは、喪失した歯の前後に自分の歯がなくてはいけませんし、あまり歯がない範囲が大きすぎると支える歯の負担が大きすぎて適用外となることがあります。

また、固定式なので違和感などはありませんが、自分の歯を大きく削らなくてはいけないことや、支える歯に負担がかかること、あるいは、ダミーの歯の周りが磨きにくく汚れがつきやすいことがデメリットです。

入れ歯は、ブリッジにくらべると自分の歯を削る部分は少なくて済みますが、残った自分の歯に金属の金具を引っ掛けて入れ歯を安定させますので、場所によっては金属の金具が目立つ場合があります。また、歯ぐきと歯とで入れ歯を支えますから、違和感が強くなりますし、取り外しが煩わしいというデメリットがあります。

しかしながら、どちらも型取りですればすぐにできますし、健康保険の範囲内で製作することができるので、治療費が安い点はメリットといえるでしょう。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged ,

インプラントするとどんなメリットがありますか?

インプラントの一番のメリットは周りの歯に負担をかけることなく、むしろ周りの歯を守ってくれることです。その上、しっかりと噛むことができます。
歯を失った場合の治療法はインプラントの他に、入れ歯かブリッジになりますが、どちらも残っている歯に負担をかけるため、将来的にさらに歯を失う原因になることがあります。
入れ歯の場合は歯を削る量は少なくて済みますが、違和感が強いことが多く、インプラントにすることで歯茎を覆っている部分を少なく、あるいは無くすことが出来ます。ブリッジの場合は自分の歯をかなり削る必要がありますが、インプラントの場合は自分の歯を削る必要はありません。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged , , ,