TOPへ戻る

お知らせ

タグアーカイブ: インプラント 痛み

インプラントは、アメリカが進んでいると言われています。日本とアメリカとどちらで手術するのが良いのでしょうか?

ひと昔前は、アメリカの方が技術や材料が進んでいたのは確かです。
しかし、インターネットなどの発達によって情報化社会となった近年では、技術や使用している材料に大きな差はありません。

アメリカ国内でしか使用出来ないような最先端の生体材料もありますが、安全性の問題などもあり、使用には慎重な見極めが必要です。

技術面、コスト面などから考慮してもアメリカと日本は対等と言えるでしょう。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged ,

インプラントは入れた後、そのままで大丈夫でしょう?? ケアしないと抜けますか??

インプラントでしっかりと噛めるようになって、なにも問題がなければもう二度と受診しなくて良いということはありません。

インプラントは、歯を抜いてから歯茎が少し下がったところから、歯が立ち上がりますので(写真挿入)自分の歯よりも磨きにくくなっています。そのため、患者さん自身による日々のブラッシングや歯間ブラシといったセルフケアが非常に重要になってきます。

さらに、2〜3ヶ月に一度、定期的に手術をおこなった歯科医院で衛生士による超音波ブラシなどによるプロフェッショナルケアや噛み合わせのチェックなどをおこない、何か問題が起きていても早期発見することが非常に重要です。

ケアを怠り、インプラントに痛みや強い腫れが起きた時には、すでに大きな問題が起きている可能性が高く、結果的にインプラントを抜かなくてはいけない場合もあります。

また、近年ではインプラントに保証制度を導入している歯科医院もありますが、保証の前提として定期メンテナンスは必須事項となっています。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged , ,