TOPへ戻る

お知らせ

タグアーカイブ: インプラント周囲炎

喫煙していてもインプラントはできますか?

喫煙によりインプラントの生存率、成功率は有意に減少するという論文が多数あり、基本的には禁煙して頂いたほうがいいです。

またインプラント周囲炎のリスクも喫煙によって高くなります。喫煙することで、血管収縮、血流低下、白血球機能障害がおき、それによってインプラント手術後の治癒不全がおきてきます。特に手術後の抜糸のときなど、粘膜の治癒の違いが目に見えてわかります。

喫煙しているとインプラント治療が禁忌になるわけではありませんが、生存率、成功率が低くなるリスクは理解しておいて頂く必要があります。

特にヘビースモーカーの場合はインプラントの失敗と周囲骨吸収のリスクが増加します。

完全な禁煙ができない場合は、手術前後の数週間禁煙するだけでも生存率に違いが出るという文献もあります。

当院ではインプラント治療を希望される方に対して、基本的には禁煙をお勧めしていますが、完全な禁煙が難しい場合には前後数週間の禁煙をして頂いています

大がかりな骨増生が必要な場合には完全な禁煙を条件とさせて頂いています。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント, インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged , ,

歯は、抜けるのですがインプラントは、抜けないのですか?

インプラントにはインプラント周囲炎といって歯の歯周病のようなものがあります。

これが悪化するとインプラントも抜けます。

予防のためには日々のご自身の歯磨きと定期的なメンテナンスを続ける必要があります。基本的には歯よりもインプラントのほうが抜けにくいです。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged ,

インプラントを長持ちさせるためには、どうすれば良いのですか?

インプラントを長持ちさせるためには、がどのような理由でダメになってしまうかを知る必要があります。

インプラント自体はチタンでできているネジなので、腐食をおこしたり折れたりすることは滅多にありません。

また、当然ですがセラミックの歯が虫歯になることもありません。

しかし、インプラントも歯周病と同じような状態になることがあり、これをインプラント周囲炎と呼びます。

インプラント周囲炎とは、インプラント周囲の歯ぐきが炎症を起こし、最終的にインプラントを支えている周りの骨を溶かしてしまう病気です。

歯周病やインプラント周囲炎の原因は主に、歯やインプラントの周りに付着するプラーク(細菌のかたまり)で、歯ブラシ(セルフケア)を怠ったり、定期的なメンテナンス(プロケア)を受けなかったりすることで、発症しやすくなります。

特に、歯周病が原因で歯を失ってインプラントにした方は、今までの歯ブラシの方法や頻度、あるいは定期メンテナンスの期間を見直す必要があります。

インプラントを長持ちさせる最大の秘訣は、インプラントも自分の歯と同じようにしっかりと磨くことと、定期的なメンテナンスを受け、仮にトラブルが起きても早期発見・早期治療を行うことが重要です。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged , , , ,

インプラントをしていたら歯周病になりませんか???

インプラントは完全に人工物でできているのでむし歯になることはありませんが、歯周病のようにインプラントの周りの組織に炎症が起こり、インプラントを支えている骨が溶けてしまうことがあります。

厳密にはその進行状況に応じて、「インプラント周囲粘膜炎」と「インプラント周囲炎」に大別され、これらを総称して「インプラント粘膜周囲疾患」と言います。「インプラント周囲粘膜炎」と「インプラント周囲炎」の違いを表に示します。

名称未設定-2

どちらも、セルフケアとプロケアによる予防が非常に重要になってきます。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged , ,