TOPへ戻る

お知らせ

カテゴリ: よくあるご質問

インプラントを失敗する場合は?

インプラント治療の成功は、インプラントが骨としっかりと結合し、上部構造といわれる歯を装着し、元の歯のように審美的・機能的に回復することを言います。

逆にインプラントの失敗とは、以下のようなものが挙げられます。

① インプラントが骨とくっつかない

通常インプラントを埋入し0〜3ヶ月ほどインプラントと骨が結合するのを待ち、結合を確認してから上部構造を作製していきます。しかし、インプラント埋入時にインプラントの固定が不十分であったり、術後に感染を起こしたりするとインプラントが骨と結合しないことがあります。前者の場合、術者の技術・経験不足によって起こり、後者の場合は院内の感染対策などが万全でない場合に起こり得ます。また、糖尿病や骨粗しょう症などで患者さん自身の代謝があまり良くない場合にも、インプラントが結合しない場合があります。
② インプラント部分が痛い

インプラントはむし歯になることはありませんが、歯周病(インプラントの場合インプラント周囲炎)になることはあります。これは、自分の歯と同じようにセルフケアが不十分だったり、定期的なメンテナンスを受けないことで、インプラントと歯ぐきの間に細菌が侵入し、インプラント周囲の歯ぐきが炎症を起こし、最終的にインプラントを支える周りの骨をも溶かしてしまう病気です。上部構造と呼ばれる歯の部分の周りに痛みや腫れがあった場合はすぐに歯科医院で見てもらいましょう。
③ 上部構造の見た目に満足できない

 

インプラント治療にしたからといって、まったく元どおりの歯が再生するわけではありません。抜歯したあとは必ず、歯ぐきや顎の骨が痩せてしまいます。骨移植などをしてインプラントを埋入しても、歯と歯の間に隙間があったり、歯ぐきの位置が隣と著しくずれていたりすると、審美的に大きな問題になりかねません。担当医と、最終的な見た目のゴールのすり合わせも非常に大切です。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント, インプラント治療前, よくあるご質問

インプラント手術は薄い骨でもできますか?

インプラント治療は、骨にインプラントを埋め込みその上に上部構造と言われる歯の部分を装着します。

骨の中に埋め込むインプラントのサイズは直径約3~5mm、長さが約8~12mmでネジのような形をしています。
インプラント治療の成功には、このインプラントがすべて骨に囲まれていることが重要です。
しかし、抜歯後長期間放置したり、抜歯の原因がかなり大きな炎症である場合は、骨が薄くなりインプラントが骨の中におさまらない場合があります。

このように骨が薄い場合はできないと断っている医院が多いのですが、専門的な骨移植の技術があれば、薄い骨でも出来ます。

骨移植法には部位や状況に応じて、様々な術式がありますが、それをすべて理解しおこなうためには専門的なトレーニングが必要となります。

また、薄い骨に骨移植をする場合は、術後に腫れや痛みが伴うことが多いので、術後1週間は大事な用事などは入れない方がいいでしょう。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント, インプラント治療前, よくあるご質問

インプラント 埋入後 腫脹があります。

インプラント埋入後の合併症(起こりうるトラブル)の一つとして腫脹(腫れ)があります。

インプラント埋入手術は歯肉を切開し、顎骨を削る外科的な処置となりますので、術後の腫れ・痛みは必ず起こります。
下の奥歯などで骨移植を伴わない1~2本の埋入であればそれほど目立つ腫れはないでしょう。

しかし、前歯や上の奥歯などで骨移植を伴うことが多い部位では、外から見て目立つほど腫れることがあります。

この腫れは、通常、手術当日ではなく術後2〜3日頃から始まります。
この腫脹は個人差がありますが、通常5日後以降は痛みとともに消退していきます。
7日を過ぎても腫れや痛みが引かない場合は、速やかに手術した医院に相談しましょう。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント, インプラント治療後, よくあるご質問

インプラント治療の成功率は?

インプラント治療の成功率は98%以上。
インプラントはほとんどのケースで問題なく成功しますが、タバコを吸っていたり、定期的なメンテナンスを怠ると失敗の原因になります。
他には骨質や骨量の問題、咬み合わせの問題、全身疾患等もリスク因子になります。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged ,

歯は、抜けるのですがインプラントは、抜けないのですか?

インプラントにはインプラント周囲炎といって歯の歯周病のようなものがあります。

これが悪化するとインプラントも抜けます。

予防のためには日々のご自身の歯磨きと定期的なメンテナンスを続ける必要があります。基本的には歯よりもインプラントのほうが抜けにくいです。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged ,

インプラントって取り外せるのですか?

インプラントは3つの構造物から出来ていて、インプラント本体にあたるフィクスチャーとその上につける土台にあたるアバットメント、さらにその上につける歯の被せものの上部構造からなります。

フィクスチャー自体は骨とくっついてしまうので取り外し出来ませんが、上部構造は様々な種類があるのでものによって取り外しも可能です。

取り外せるもののほうがメンテナンスはしやすいです。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged ,

歯磨きは、めんどくさいのですがインプラントは、やってみたいのですが?

インプラントも天然の歯と同じように歯磨きをしないとダメになってしまいます。
インプラントをする場合は歯磨きは必ず必要です。

歯磨きを楽にしたい場合は入れ歯を支える形のインプラント(ロケーター)にすると磨く場所が少ないので比較的お手入れは楽になります。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged ,

抜歯して1年以上たってもインプラントは、可能ですか?

可能です。

但し、抜歯後の期間が長すぎると骨が減って、インプラントをするうえで不利になることがあります。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged ,

1ヶ月でインプラント治療は、可能ですか?

骨の条件が良くて、骨とのくっつきが早いタイプのインプラントを使えば1ヶ月でインプラント治療は可能です。
但し、歯を抜いてからしばらく時間がたっている場合です(3ヶ月程度)。

歯を抜いてから治癒する期間も含めると3ヶ月以上かかります。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged

キレイに治したい

補綴専門医と口腔外科医が連携することにより、最終的な位置を想定した高精度なインプラント埋入と精密審美治療が行えます。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged