TOPへ戻る

お知らせ

カテゴリ: インプラント

歯が1本もありません・・・インプラントできますか?治療法を教えて下さい。

歯が1本もない状態を「無歯顎」といいますが、この状態でもインプラント治療によって噛み合わせの回復を行うことが可能です。

そもそも、近代インプラント治療の原点は、この無歯顎の患者さんに対して、数本のインプラントを埋入し固定性の上部構造で数十年機能したことに始まります。

現在では、「無歯顎」の患者さんに対して2つの方法があります。

一つは、前述のように数本のインプラントを埋入し、固定性の上部構造で噛めるようにする方法と、もう一つは総入れ歯の支えとして2〜4本のインプラントを埋入し、入れ歯の安定を図る方法です。

前者は、上顎なら6本以上、下顎なら4本以上のインプラント埋入し、患者さん自身は取り外しのできない(歯科医師は上部構造の破折などのトラブルが起きた場合のために、取り外しができる仕組みになっています)固定性の上部構造を装着する方法です。

自分の歯のように違和感なく噛めるのが最大のメリットですが、取り外しができないためセルフケアによる清掃が困難な点があるため、メンテナンスがより一層重要となります。また、インプラントの本数が多いため、治療費も高額になることがデメリットの一つと言えるでしょう。

一方、後者の入れ歯の支えとしてのインプラント治療は「インプラントオーバーデンチャー」と呼ばれ、長年総義歯が安定せずに悩んでいた患者さんには画期的な治療法です。

欧米では、特に安定させるのが難しいと言われている下顎の無歯顎の患者さんには、インプラントを2本埋入しインプラント安定させる治療が第一選択であるとまで言われています。

上顎は4本、下顎は2本埋入するのが一般的で、インプラントの上部にはアタッチメントと呼ばれる義歯を安定させるための器具を装着します。

アタッチメントには様々な種類があり、ボタンのようにパチっとはめる「ロケーター」や、磁力で安定させる「磁性アタッチメント」、バーでインプラント同士を連結させる「バーアタッチメント」などがあります。

「オーバーデンチャー」の最大の利点は、義歯の安定ですが、その他に「義歯を小さくする」というのも大きな利点です。特に、上顎では口蓋(上顎の凹んでいる部分)を覆わなくて済むようになり、発音の向上や熱を感じるようになるので味覚も大きく向上します。

いずれにしても、歯がないからインプラント治療ができないということはなく、むしろ歯が1本もない患者さんに対して、インプラント治療は大きな効果を発揮します。

ぜひ、長年総入れ歯などでお悩みの方は一度ご相談ください。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問

インプラントのデメリットはなんですか?

インプラントのデメリットは主に三つあります。外科処置・治療費・治療期間です。
外科処置:インプラントは主にチタンという金属で出来た歯の代わりになるネジのようなものを骨の中に埋め込むので、そのための手術が必要になります。当然、手術ですので、ケースにもよりますが、術後に腫れ、痛み、アザ等を伴うことがあります。術後の合併症は手術の方法によって変わってきます。例えば骨造成が必要か、どれくらい歯茎を切る必要があるか等です。
治療費:インプラントは保険適応外の治療のため、治療費も高額になります。これも内容によって異なってきますが、35万〜50万円くらいが平均的な治療費になります。
治療期間:インプラントは歯が欠損したところに対する処置になるので、歯を喪失してからを治療期間と考えると、まずは歯がなくなった穴が治癒するのを待つ期間があります。通常歯がなくなった部分の治癒に2〜3ヶ月かかります。その後、インプラントの手術を行いますが、手術後インプラントと骨が結合(オッセオインテグレーション)するのを待つ期間があります。これに再び2〜3ヶ月かかります。その後、歯の被せ物を入れる処置になりますので、歯の喪失から入れると長くて1年くらいかかることもあります。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged ,

インプラントに適している場合と適さない場合はありますか? どのような治療法を提案頂けますか?

インプラント治療が適応には全身的な問題と局所的な問題あります。

まず、全身的な問題で適さない場合には以下のような場合があります。

  1. コントロールされていない糖尿病や高血圧・骨粗しょう症
  2. 心筋梗塞などの発作から6ヶ月以内
  3. 精神疾患

上記の患者さんに関しては、絶対的に禁忌となります。しかしながら、1・2に関しては医師による診察を受けていただき、許可が出れば問題なく行えることがほとんどです。

一方で、局所的な問題には骨量の不足や、対合歯との距離が不足して場合などが挙げられますが、近年では骨移植術や骨補填材の進歩により適応は拡大しています。
それらを診査するためにはCT撮影や模型診査・口腔内写真などが必須となります。

しっかりとした術前診査を行い、その上でいくつかの治療方針を提示してもらい、最終的にはリスクとメリットを考慮し、患者さんご自身で選択することが重要となります。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問

インプラントするとどんなメリットがありますか?

インプラントの一番のメリットは周りの歯に負担をかけることなく、むしろ周りの歯を守ってくれることです。その上、しっかりと噛むことができます。
歯を失った場合の治療法はインプラントの他に、入れ歯かブリッジになりますが、どちらも残っている歯に負担をかけるため、将来的にさらに歯を失う原因になることがあります。
入れ歯の場合は歯を削る量は少なくて済みますが、違和感が強いことが多く、インプラントにすることで歯茎を覆っている部分を少なく、あるいは無くすことが出来ます。ブリッジの場合は自分の歯をかなり削る必要がありますが、インプラントの場合は自分の歯を削る必要はありません。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged , , ,

インプラントの平均的な治療期間・通院回数を教えて下さい。

欠損している歯の部位や本数、あるいは埋入する予定の骨の状態によっても治療期間や回数は大きく変わります。すでに抜歯した状態で、全身的にも局所的にも問題がなく、奥歯1本を失った時の最もシンプルな症例の流れを下図に示します。

名称未設定-1

このようなケースでは、最短で約2ヶ月の治療期間、約5回の通院で最終上部構造が装着され、治療が完了します。しかし実際には、抜歯をするところから治療が開始となることが多く、抜歯してから検査をするまでに1〜3ヶ月(部位によって異なる)抜いた部分の骨の治癒を待たなくてはいけません。また、いざ検査をしたところ、インプラントをするための骨が不十分で、インプラントに先立ち骨移植などの前処置が必要となることもあります。最も大きな骨移植処置(ブロック骨移植やラテラルアプローチのサイナスリフト)で骨移植術後最大6ヶ月、待たなくてはいけません。また、前歯などの審美的に関わる部分や、多数歯欠損のように咬み合わせの調整が必要な症例では最終的な被せ物の前に仮歯(プロビジョナルレストレーション)を入れて、見た目や咬み合わせの調整で数ヶ月要することもあります。

治療期間や回数は、その症例によって大きな幅がありますので、担当医に大まかな期間や回数をあらかじめ聞いておくと良いでしょう。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問