TOPへ戻る

お知らせ

カテゴリ: インプラント

上下総入れ歯です。インプラントするのは、何本必要ですか?また治療期間はどのくらいかかるものでしょうか?

総入れ歯の状態からインプラント治療を行う場合は、2通りの方法があります。

一つはインプラントを用いて入れ歯を維持し、入れ歯を少しでも小さくし安定させる方法と、もう一つは、インプラントで固定性の歯をつくり、違和感のない自分の歯のように噛める方法です。

前者の場合は、上顎で4本、下顎で2本必要になります。
治療期間はインプラントの埋め込みをしてから約3〜4ヶ月です。

後者の固定性の場合は、上下とも最低6本は必要です。
4本で支えられるという先生もいらっしゃいますが、万が一インプラントが1本でもだめになってしまった場合、リカバリーするのが非常に大変です。

治療期間は、骨の状態にもより様々ですが、骨が十分な場合でも最低半年はかかり、骨が少なく移植が必要なケースだと1年以上かかるケースもあります。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged ,

インプラントの代わりになる治療は、ありますか?

インプラントができない場合の治療法としては、固定式のブリッジと取り外し式の入れ歯があります。

ブリッジは、喪失した歯の前後に自分の歯がなくてはいけませんし、あまり歯がない範囲が大きすぎると支える歯の負担が大きすぎて適用外となることがあります。

また、固定式なので違和感などはありませんが、自分の歯を大きく削らなくてはいけないことや、支える歯に負担がかかること、あるいは、ダミーの歯の周りが磨きにくく汚れがつきやすいことがデメリットです。

入れ歯は、ブリッジにくらべると自分の歯を削る部分は少なくて済みますが、残った自分の歯に金属の金具を引っ掛けて入れ歯を安定させますので、場所によっては金属の金具が目立つ場合があります。また、歯ぐきと歯とで入れ歯を支えますから、違和感が強くなりますし、取り外しが煩わしいというデメリットがあります。

しかしながら、どちらも型取りですればすぐにできますし、健康保険の範囲内で製作することができるので、治療費が安い点はメリットといえるでしょう。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged ,

インプラント治療をしたら、生活に変化が生まれますか?

お口は、「食べる」だけではなく「話す」や「笑う」といった、人とのコミュニケーションにおいてもとても重要な役割を担います。

もし、入れ歯やブリッジを装着していることで、あるいは喪失した歯をそのままにしていることで、「食べる」・「話す」・「笑う」に支障が出ているようでしたら、インプラント治療をすることで劇的に生活に変化が生まれるでしょう。

「食べられなかった」人は、好きなものを思う存分食べられるようになります。

「話せなかった」人は入れ歯が外れるのを恐れることなく、自信を持って人前でも喋れるようになります。「笑えなかった」人は人前でにっこり歯を見せて笑うことができるようになります。

よく、女性の患者さんで、メークの感じも変わり表情全体が明るくなった方もいらっしゃいます。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問

インプラントは、どの位もちますか?

科学的なデータでは、上顎・下顎・前歯・奥歯によっても多少変わりますが、インプラントが10年後に生存している成功率は約95%前後と言われています。

インプラントを入れた時の年齢にもよりますので、残念ながら胸を張って「一生持ちます」とは断言できません。

その一番理由は、インプラントは生体の中に埋め込まれたものなので、その持ち主(患者さん)に、非常に大きく左右されます。患者さんの体は加齢とともに変化しますし、インプラントを入れた後に、インプラントのリスクである糖尿病や骨粗しょう症になる方もいらっしゃいます。

中でも、非常に重要なファクターは日々の歯ブラシです。
どんなに名医がインプラント治療をしても、患者さんが歯ブラシをしてくれず、メンテナンスに来ていただけなければ、そのインプラントはいずれダメになってしまうでしょう。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged

一度入れたインプラントが駄目になったら、もう一度インプラントができますか。

インプラントを入れた直後になんらかの理由でインプラントがくっつかず、ダメになってしまった場合は、一度骨の治りを待って再度埋入することにほとんど問題はありません。

しかし、長期使用していたインプラントがダメになってしまった場合は、基本的には再度埋入は可能ですが、非常に条件が悪いことが多いので骨移植などが必要なケースがほとんどです。

条件が悪いというのは、最初に歯を抜いた時点で骨がやせており、その後インプラントがダメになるということは、さらに骨がやせていることが多いからです。

下顎などは顎の中を走行する神経や血管に近接してしまうことが多いので、比較的大掛かりな骨の移植が必要になることがあります。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged ,

骨に悪い影響は、出ませんか?

インプラントの骨への影響は、インプラントの材料によって違います。

これまで、インプラントには様々な材料が用いられてきましたが、その材料と骨との結合様式によって3つに分けることができます。

名称未設定-1

現在では用いられていませんが、コバルトクロム合金やステンレス鋼を用いた骨膜下インプラントなどでは、材料と顎骨の間に線維組織が介在する介在性骨結合と呼ばれ、これらの材料は生体内許容性と言われています。

材料と顎骨の間に線維組織が介在すると、噛むたびにその組織が押され痛みが生じることがあり、結果的に骨に炎症を起こすことがありました。

現在用いられるチタンやチタンにアパタイトコーティングを施したインプラントは、それぞれ「生体不活性材料(チタンやジルコニア)による線維組織が介在しない直接性骨結合」、「生体活性(ハイドロキシアパタイトやリン酸カルシウム)による化学的結合」といわれています。

大部分のインプラントはチタン製でいわゆる「生体内不活性」や「生体内安定材料」とも呼ばれるように、骨に対して全く活性がなく骨と材料の間にも線維組織が介在しないので噛んでも痛みは起こりません。

また、日本特有とも言えるハイドロキシアパタイトコーティングのインプラントの場合、骨と化学的に結合していますので、チタンよりも早期に結合すると言われています。しかしながら、長期的にその結合がどのような動態になるかはまだ議論の余地が残るところです。

現段階で言えることは、チタン製のインプラントであれば、長期的にみても生体内で悪影響を及ぼすことはまずないでしょう。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問

かみ合わせに影響が出たりしますか????心配です。

歯の欠損を放置すると、隣合う歯がその欠損したスペースに倒れこんだり、あるいは噛む相手がいなくなった向かいの歯が伸びてきたりして、噛み合わせに支障をきたします。
本来、インプラント治療は歯が欠損した部分を補い、噛み合わせを正しく、あるいはその不正を予防する治療ですので、インプラントをすることで噛み合わせがおかしくなるということは原則的にはないでしょう。

しかし、もともと顎関節症や噛み合わせの違和感(咬合違和感症候群)などがある患者さんへのインプラント治療は慎重に行うべきです。

インプラント治療を行う前に、あらかじめそのような問題を解決しないまま、インプラント治療を行ってしまうと、顎関節症が悪化したり、本来感覚のないはずのインプラント部分に違和感を覚えたりすることがあります。

また、長期的な視点で見てみると、天然の歯は時間とともに少しずつ磨耗しすり減っていきますが、インプラントの被せ物(上部構造)の材質によっては磨耗しにくい材料(ジルコニアなど)もあり、噛み合わせに微妙なずれが生じることがあります。それを防ぐためにも、定期的なメンテナンスを受け、歯科医師による噛み合わせのチェックが必須となります。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問

インプラント埋入後、アレルギーなど体に悪影響は、ありませんか?(メリットデメリット教えてください)

(21の質問でお答えしたように)現在、インプラントに用いられているチタンという材料は生体内不活性と言われており、体に悪影響を及ぼすことはありません。

また、チタンによる金属アレルギーについてですが、全くないということはありません。非常に少ない頻度ですが、ごく稀にチタンによる金属アレルギーの報告があります。

万が一そのようなアレルギー症状が出てしまった場合は、残念ながらインプラントを撤去しなくてはいけません。

また、インプラントの上部構造に用いられるパーツにニッケルやクロムなど金属アレルギーをおこしやすい金属とチタンの合金が用いられることがあります。

金属アレルギーは、金属がイオン化(溶け出して)して起こるものですので、お口の中に露出している部分でなければ症状が出ることは少ないのですが、上部構造を装着した後にアレルギー症状がでた場合は、インプラント自体を撤去しなくても上部構造の材質を変えることで改善することもあるでしょう。

チタンアレルギーと判断された患者さんの多くは、他の金属に対してもアレルギーを持っていることが多いようです。心配な方は、事前にパッチテストとよばれる金属アレルギーの検査を受けることをお勧めします。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged ,

インプラントは入れた後、そのままで大丈夫でしょう?? ケアしないと抜けますか??

インプラントでしっかりと噛めるようになって、なにも問題がなければもう二度と受診しなくて良いということはありません。

インプラントは、歯を抜いてから歯茎が少し下がったところから、歯が立ち上がりますので(写真挿入)自分の歯よりも磨きにくくなっています。そのため、患者さん自身による日々のブラッシングや歯間ブラシといったセルフケアが非常に重要になってきます。

さらに、2〜3ヶ月に一度、定期的に手術をおこなった歯科医院で衛生士による超音波ブラシなどによるプロフェッショナルケアや噛み合わせのチェックなどをおこない、何か問題が起きていても早期発見することが非常に重要です。

ケアを怠り、インプラントに痛みや強い腫れが起きた時には、すでに大きな問題が起きている可能性が高く、結果的にインプラントを抜かなくてはいけない場合もあります。

また、近年ではインプラントに保証制度を導入している歯科医院もありますが、保証の前提として定期メンテナンスは必須事項となっています。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged , ,

インプラントをしていたら歯周病になりませんか???

インプラントは完全に人工物でできているのでむし歯になることはありませんが、歯周病のようにインプラントの周りの組織に炎症が起こり、インプラントを支えている骨が溶けてしまうことがあります。

厳密にはその進行状況に応じて、「インプラント周囲粘膜炎」と「インプラント周囲炎」に大別され、これらを総称して「インプラント粘膜周囲疾患」と言います。「インプラント周囲粘膜炎」と「インプラント周囲炎」の違いを表に示します。

名称未設定-2

どちらも、セルフケアとプロケアによる予防が非常に重要になってきます。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged , ,