TOPへ戻る

お知らせ

カテゴリ: インプラント治療後

インプラントは入れた後、そのままで大丈夫でしょう?? ケアしないと抜けますか??

インプラントでしっかりと噛めるようになって、なにも問題がなければもう二度と受診しなくて良いということはありません。

インプラントは、歯を抜いてから歯茎が少し下がったところから、歯が立ち上がりますので(写真挿入)自分の歯よりも磨きにくくなっています。そのため、患者さん自身による日々のブラッシングや歯間ブラシといったセルフケアが非常に重要になってきます。

さらに、2〜3ヶ月に一度、定期的に手術をおこなった歯科医院で衛生士による超音波ブラシなどによるプロフェッショナルケアや噛み合わせのチェックなどをおこない、何か問題が起きていても早期発見することが非常に重要です。

ケアを怠り、インプラントに痛みや強い腫れが起きた時には、すでに大きな問題が起きている可能性が高く、結果的にインプラントを抜かなくてはいけない場合もあります。

また、近年ではインプラントに保証制度を導入している歯科医院もありますが、保証の前提として定期メンテナンスは必須事項となっています。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged , ,

インプラントをしていたら歯周病になりませんか???

インプラントは完全に人工物でできているのでむし歯になることはありませんが、歯周病のようにインプラントの周りの組織に炎症が起こり、インプラントを支えている骨が溶けてしまうことがあります。

厳密にはその進行状況に応じて、「インプラント周囲粘膜炎」と「インプラント周囲炎」に大別され、これらを総称して「インプラント粘膜周囲疾患」と言います。「インプラント周囲粘膜炎」と「インプラント周囲炎」の違いを表に示します。

名称未設定-2

どちらも、セルフケアとプロケアによる予防が非常に重要になってきます。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged , ,

インプラント治療後に他の歯が悪くなったら、治療しなおさなければならないのですか?

インプラント治療のデメリットとして、①費用がかかる ②時間がかかる ③手術が必要 の3つが挙げられます。したがって、一度治療が完了したのに、また治療や抜歯が必要になってしまったら、また1からやり直さなくてはいけません。患者さんにとっては、またお金も時間もかかるというのは大きな負担です。ですから、そういうことがないように、あらかじめ、ある程度の予知(予見)性を持って治療計画を立てることが非常に重要です。すなわち、いま歯がないところだけを“とりあえず”インプラントにするのではなく、近い将来に抜歯になる可能性がある歯は、あらかじめ抜歯して、そこも同時にインプラント治療を行うなど、お口の中全体を見通した判断が歯科医師に求められます。

中でも歯周病はインプラント治療を開始する前に必ず治療やコントロールが必要となります。また、むし歯や適合の悪い被せ物などはインプラント埋入後の治癒期間中(骨と結合するまでに待っている時間)に、治療を行うことが重要です。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged

インプラントがうまくいかなかった場合、失敗した場合返金、保証などありますか?

近年では、保証制度取り入れている医院が多くなってきています。その背景には、マスコミなどでも取り上げられているように、インプラントにまつわるトラブルや訴訟が多く報告されていることにあります。

本来、常に変化していくヒトの体・生体を扱う医療ですから、その治療結果を長期に保証することは容易なことではありません。

特に、インプラント埋入後に糖尿病や骨粗しょう症を発症し、インプラントにトラブルがあった場合、果たして歯科医師が責任を負うべきなのでしょうか。(例えば癌治療では失敗しても再発しても保証はありませんよね。)

しかし、残念ながら少数の心ない歯科医師によるトラブルによって、歯科への信頼は失墜してしまい、患者さんも高額な治療であるため保証を求めるようになってきました。

本来、インプラント治療はしっかりとした技術・知識をもった歯科医師がおこなえば10年の生存率が90%を超える十分科学的に証明されている治療法であり、他の医科の治療よりも断然、成功率の高い治療といえます。

歯は毎日使うものであり、インプラントは口の中という決して清潔ではない過酷な環境下で機能しており、さらに食習慣や噛む力あるいは歯ぎしりなどの習癖など個人によって大きく状況が異なります。

そういった、状況も踏まえてトラブルを未然に防ぐような治療計画を立てることが歯科医師の技量であり、医療であると考えています。

当院では安心してインプラント治療を受けていただくためにインプラント体は10年、アバットメントは5年、上部構造は2年保証とさせて頂いております。

 

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged , ,

インプラントの手術後どのくらいのペースで通院する必要がありますか?治療費も教えて下さい

インプラントの手術後は、まず、手術部位が治癒するまでの期間が非常に重要です。術後は指示された通りに、抗生剤や鎮痛剤を飲んでいただければ、毎日のように消毒に来る必要はありません。当院では、全身的に感染のリスクが低い患者さんであれば、手術後10日〜2週間の間に抜糸と消毒に来てもらい、問題がなければそのあとは型取りまで来院する必要はありません。しかし、感染のリスクや比較的大きな骨移植などの処置をおこなった場合は、頻繁に消毒に来ていただくこともあります。

その際にかかる費用は基本的には再診料(自由診療のため医院による)のみとなります。

インプラント手術後の流れ

()内は症例によっておこなう場合とおこなわない場合があります

  1. 術後の消毒(手術翌日、3日後、1週間後 患者さんのリスクによって頻度は変わります。)
  2. 手術部位の抜糸(術後10日から2週間の間)
  3. (2次手術)(必要な患者さんのみおこないます。)
  4. (仮歯の型取り)
  5. (仮歯の装着)
  6. (仮歯の調整)(数回かかることあり)
  7. 最終上部構造の型取り
  8. (最終上部構造の試適や噛み合わせ)
  9. 最終上部構造の装着
  10. メンテナンスへ移行

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問

被せ物・上部構造が壊れる可能性はありますか?今までどのくらいありましたか?

インプラントの上部構造が壊れる可能性はあります。

インプラントの治療後の合併症(起こりうるトラブル)の中でも、最も多いのが、上部構造の破折とインプラント周囲炎であると報告されています。

上部構造にセラミック材料を用いた場合に特に多く、被せ物の一部がお茶碗の縁のように欠けてしまうといったことは比較的よくあることです。

最近では、色も白く強度も高いジルコニアという材料が応用されるようになり、そういったトラブルは減少しましたが、上部構造は毎日口腔内という過酷な環境の中で機能しているため、経年劣化は免れません。

しかしながら、もし仮に上部構造が壊れてしまっても、土台の部分のインプラントに問題なければ、再度上部構造の作り直しや修理で対応することも可能です。

最近では、上部構造のそういったトラブルに関して、保証制度を設けている医院も少なくありません。事前に医院に確認すると良いでしょう。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問

保証期間中に壊れた場合、などどのような流れで治療を行っていますか

保証期間中にトラブルが起きた場合、まずその被せ物が修理で対応できるか、作り直しになるのかによって対応が変わってきます。

例えば、修理で対応できる場合は、一度上部構造を外して仮歯またはインプラント埋め込み直後に装着するキャップ(ヒーリングアバットメント)を装着し、上部構造をお預かりし修理します。

もし、全体を作り直す場合は、型取りからやりなおさなくてはいけませんので、数回来院していただく必要があります。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問