TOPへ戻る

お知らせ

お知らせ

骨粗鬆症でもインプラントはできますか?

骨粗鬆症でもインプラントはできます。

骨粗鬆症患者のインプラント失敗率が高いとは必ずしも言えず、また骨粗鬆症の方にインプラントを控えたほうがいいというデータもありません。

ただし骨粗鬆症の方の場合は骨の密度が低くなっている病気ですので、骨とインプラントがくっつく期間を通常より長めにとる等、問題が起きる可能性も考慮した治療計画を立てさせて頂いてます。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント, インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged ,

連携歯科医院:S&Aデンタルクリニック

S&Aデンタルクリニックの院長 仲村先生は東京医科歯科大学卒の真面目で優秀な先生です。診療は歯科全般やられていますが、特に専門としている分野は予防歯科になります。

予防歯科と言っても虫歯になりやすい方、歯周病になりやすい方など、患者さんによってそれぞれにリスクは違います。

S&Aデンタルクリニックでは予防歯科に真剣に取り組んでおり、患者さんそれぞれにリスクを分析し、多くのデータから個々の患者さんに合わせた予防プログラムを作ってくれます。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:連携医院ご紹介

連携歯科医院:ヒロ横浜デンタル

当院と同じ横浜駅西口で開業されている歯内療法専門医 高橋浩先生のクリニックです。

東京医科歯科大学で高齢者歯科学口座、歯科麻酔科に所属されていた経歴がおありで、私とは東京医科歯科大学つながりになります。

根管治療は精密な手技を要する治療で専門医と一般歯科医では予後にも差が出てくる治療です。

高橋浩先生の根管治療の技術は非常に高く、当院ではよりしっかりとした根管治療を受けたい方にはヒロ横浜デンタルをご紹介させて頂いております。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:連携医院ご紹介

インプラント歯科治療の見積もりは可能ですか?

インプラント治療は高額であるゆえに、治療結果によってはトラブルや訴訟に発展することがあります。

特に、「1本10万円」などと謳っているクリニックでは、その内訳がどのようになっているかを十分に確認する必要があるでしょう。

最終上部構造(セラミックの歯)を含めた総額の見積もりを、きちんと治療前に提示してくれる医院で治療を受けましょう。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント, インプラント治療前, よくあるご質問

インプラントは骨が少ないから無理と言われました。

インプラント治療はこの10年で飛躍的な進歩を遂げています。

近年の材料や術式の発達により、「インプラントができない」という状況はほぼ皆無となってきました。
しかし、実際には高度な専門性を持った歯科医師しかできない治療も多くあります。

当院では、比較的高度な骨移植術にも対応しており、技術のみならずそれに対応できるための最新設備を完備しております。
他院で、骨が少ないからインプラントはできないと言われた場合は、ぜひ一度セカンドオピニオンとして当院を受診することをお薦めします。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント, インプラント治療前, よくあるご質問

インプラントと部分矯正

抜歯をして長い間放置していると、隣の歯が欠損部に倒れてくることがあります。
そのような場合には、部分矯正によってその倒れた歯を元のあった位置に戻す必要があります。

また、歯を失った原因が歯列不正による場合は、インプラントを埋入してもまた、同じことが起きてしまう可能性がありますので、事前に全処置としての部分矯正や全額矯正が必要になるかもしれません。

担当医と事前によく相談する必要があります。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント, インプラント治療前, よくあるご質問

インプラントの術前検査はどのようなものですか?

インプラント治療は、高額かつ長期に渡る治療期間がかかり、そのうえ外科的処置が必要であることから、事前に入念な術前検査が必要です。外科処置において必ず確認が必要なのは、全身状態です。

問診による全身状態や投薬状況の把握や、場合によっては血液検査によって異常値がないかを調べます。
また、欠損した部分だけではなく、お口の中全体で今後抜歯になりそうな歯がないか、あるいはかみ合わせる相手の歯に問題がないかなど、術前に他の歯のレントゲンや型取りをしてX線および模型診査が必須となります。

また、なかでも最も重要なのは、歯科用の低被曝精密CTです。
顎の骨の状況や神経・血管・副鼻腔の位置などを把握し、手術時のトラブルを避けるためには必須となります。
当院では低被曝精密CT完備しております。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント, インプラント治療前

インプラントを失敗する場合は?

インプラント治療の成功は、インプラントが骨としっかりと結合し、上部構造といわれる歯を装着し、元の歯のように審美的・機能的に回復することを言います。

逆にインプラントの失敗とは、以下のようなものが挙げられます。

① インプラントが骨とくっつかない

通常インプラントを埋入し0〜3ヶ月ほどインプラントと骨が結合するのを待ち、結合を確認してから上部構造を作製していきます。しかし、インプラント埋入時にインプラントの固定が不十分であったり、術後に感染を起こしたりするとインプラントが骨と結合しないことがあります。前者の場合、術者の技術・経験不足によって起こり、後者の場合は院内の感染対策などが万全でない場合に起こり得ます。また、糖尿病や骨粗しょう症などで患者さん自身の代謝があまり良くない場合にも、インプラントが結合しない場合があります。
② インプラント部分が痛い

インプラントはむし歯になることはありませんが、歯周病(インプラントの場合インプラント周囲炎)になることはあります。これは、自分の歯と同じようにセルフケアが不十分だったり、定期的なメンテナンスを受けないことで、インプラントと歯ぐきの間に細菌が侵入し、インプラント周囲の歯ぐきが炎症を起こし、最終的にインプラントを支える周りの骨をも溶かしてしまう病気です。上部構造と呼ばれる歯の部分の周りに痛みや腫れがあった場合はすぐに歯科医院で見てもらいましょう。
③ 上部構造の見た目に満足できない

 

インプラント治療にしたからといって、まったく元どおりの歯が再生するわけではありません。抜歯したあとは必ず、歯ぐきや顎の骨が痩せてしまいます。骨移植などをしてインプラントを埋入しても、歯と歯の間に隙間があったり、歯ぐきの位置が隣と著しくずれていたりすると、審美的に大きな問題になりかねません。担当医と、最終的な見た目のゴールのすり合わせも非常に大切です。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント, インプラント治療前, よくあるご質問

インプラント手術は薄い骨でもできますか?

インプラント治療は、骨にインプラントを埋め込みその上に上部構造と言われる歯の部分を装着します。

骨の中に埋め込むインプラントのサイズは直径約3~5mm、長さが約8~12mmでネジのような形をしています。
インプラント治療の成功には、このインプラントがすべて骨に囲まれていることが重要です。
しかし、抜歯後長期間放置したり、抜歯の原因がかなり大きな炎症である場合は、骨が薄くなりインプラントが骨の中におさまらない場合があります。

このように骨が薄い場合はできないと断っている医院が多いのですが、専門的な骨移植の技術があれば、薄い骨でも出来ます。

骨移植法には部位や状況に応じて、様々な術式がありますが、それをすべて理解しおこなうためには専門的なトレーニングが必要となります。

また、薄い骨に骨移植をする場合は、術後に腫れや痛みが伴うことが多いので、術後1週間は大事な用事などは入れない方がいいでしょう。

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:インプラント, インプラント治療前, よくあるご質問

歯茎の審美治療例 根面被覆複数歯、CTG併用

治療内容について

治療期間 約1ヶ月
費用 8万円

写真のように歯肉が下がってしまった方に対して歯周形成によって審美性を回復したケースです。術前、術後を2つの方向から見ています。

手術で歯肉を上げる方向に移動して、後戻りしにくように部分的に歯肉の移植も行っています。

術式にもよりますが、このケースでは術後1ヶ月くらいて写真の術後のような状態まで回復しています。

治療前 治療後
治療前 治療後

横浜の歯医者 横浜駅西口歯科

日付:  カテゴリ:審美歯科, 歯茎の審美, 症例集 and tagged ,