TOPへ戻る

歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは文字どおり「歯の周り」、つまり歯を支える歯ぐきや骨(歯槽骨)が炎症を起こし、歯を支えられなくなる病気です。

歯自体にはなんら問題がなくても、歯の周りの組織の炎症が進むと歯が自然に脱落してしまう恐ろしい病気です。
しかも、自覚症状がないまま進行することが多く、腫れたり痛みが強く出たりしたときには手遅れとなって抜歯になってしまうことがほとんどです。
そんな歯周病の原因は「プラーク(歯垢)」と言われる歯の表面に付着している細菌叢であることがわかっています。
歯と歯肉の境目に磨き残しがあると、そこに多くの細菌が停滞し歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れ歯肉炎とよばれる歯周炎の前段階の症状が起こります。
この段階で、しっかりと治療を行えば、歯肉は元どおりに治癒します。
しかし、さらに炎症が進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の間の隙間が深くなり、歯を支える土台である骨(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最終的には歯が自然脱落してしまいます。

歯周病と全身疾患

歯周病は全身疾患と関連があることが示唆されています。

もっとも代表的な疾患としては糖尿病が挙げられます。歯周病は糖尿病の合併症とも言われ、密接な関わりが報告されています。歯周病の治療を行うと血糖値が下がるといった報告も中にはあります。
また、心疾患も関連の深い病気の一つで、歯周病の罹患の有無が、心疾患の発症率と関連しているとう報告があります。
また、妊娠中の女性では歯周病が原因で早期低体重児出産となることがありますし、寝たきりの老人などではお口の中の細菌が原因で誤嚥性肺炎を起こすこともあります。
このように、歯周病と全身のつながりは大きく歯周病を予防・治療することが健康増進につながるため、早期の治療をお勧めします。

歯周病と口臭

口臭にはさまざまな原因がありますが、歯周病で口腔内にプラークや歯石が付着したままの状態が原因となることもあります。虫歯がなくても定期的にメンテナンスに通い、自分では磨きにくい部分のプラークや歯石を除去してもらうことで、口臭予防にもつながります。

検査から治療の流れ

歯周病は健康、軽度歯周炎、中等度歯周炎、重度歯周炎の4つに分類されます。
その重症度を検査するためには、以下の検査をします

・歯周ポケットの数値
・歯周ポケットからの出血の有無
・歯の表面に付着しているプラークの割合
・歯の動揺度
・レントゲン写真による歯の周囲の骨の状態

通常、初診時に以上の検査を行い歯周病の状態を把握します。
歯周病の治療は、患者さん自身が病気を正しく理解し、自身の日々の歯磨きや食習慣などの生活習慣を見直し改善することから始まります。
それと並行しながら、衛生士による炎症の原因となる歯垢や歯石の除去を徹底的に行っていきます。
重症度や治療の途中での再評価により、治療の継続の判断を行います。
重度の場合は、外科的に歯ぐきを切って開いて細菌の除去をおこなうこともあります。

歯周病で抜歯をお勧めする場合

いくら歯そのものが健康でも、歯周病で歯を支える周りの組織が炎症によって弱ってしまっては、歯がぐらつき硬いものなどを食べることができなくなってしまいます。
さらに放置することで、歯は病的な移動を起こし、噛み合わせにも支障をきたします。
さらには、日常生活にも影響を与えるような痛みや腫れを繰り返す場合には、やむなく抜歯せざるを得ません。
また、抜歯後にの治療としてインプラントを考えている方は、骨の温存を考慮し比較的早期に抜歯する場合もあります。

再生療法とは

失った歯槽骨を再生するが可能です

歯周病の治療は、その進行をストップさせることが目的であり、歯周病によって一度失われた歯周組織を元どおりにすることはできません。
しかし、近年の医療の進歩により条件が整えば失った歯槽骨を再生することが可能です。
簡単な手術が必要ですが、大きな痛みを伴うものではなく、歯周ポケットも改善するため効果は絶大です。
しかしながら、適応が限られており、担当医の十分なインフォームドコンセントの上で、行うことが重要です。

診療内容

 

ご予約はインターネット予約またはお電話で承っております。

インターネット予約はこちら

※ 再診(2回目以降)の方はお電話にてご予約下さい。

お電話でのご予約ご希望の方

当院は予約制となっております。
TEL:045-620-0418 までご連絡下さい。