TOPへ戻る

金属アレルギー外来

金属アレルギー外来

メタルフリー修復

金属を使わないで歯を治す方法です。

歯科治療では、歯冠を修復する素材として、広く金属が使用されています。
金銀パラジウム合金やアマルガムといった通称「銀歯」やプラスチックやセラミックでできた差し歯・被せ物の補強、そして金属製のコア(神経を除去したときに使用する土台)など、さまざまなシーンで一般的に金属を目にします。
しかし、金属を使用した歯科治療は、審美性だけでなく、口腔内で金属が溶け出し(イオン化)生体内へ少なからず悪影響を及ぼします。また、溶け出した金属イオンにより、金属アレルギーを発症し、歯ぐきや皮膚がただれることもあります。

最近では、ジルコニアや高強度セラミックスのような金属と同等の強度を持つセラミック素材も登場し、金属を使用しないメタルフリー修復が推奨されるようになっています。
メタルフリー修復は口腔内のデトックスとも言える健康的な修復方法の一つとして注目を集めています。

歯科用金属の種類とそのリスク

歯科治療で使用される金属にはさまざまな種類があります。
金属の種類によってアレルギーのリスクは変わってきます。

リスク 大

ニッケル  クロム  コバルト  アマルガム

リスク 中

アルミニウム  亜鉛  パラジウム  銀合金

リスク 小

プラチナ  ゴールド

リスク ほぼ0

チタン

メタルフリー修復

治療前

 

治療後

診療内容

 

ご予約はインターネット予約またはお電話で承っております。

インターネット予約はこちら

※ 再診(2回目以降)の方はお電話にてご予約下さい。

お電話でのご予約ご希望の方

当院は予約制となっております。
TEL:045-620-0418 までご連絡下さい。