TOPへ戻る

根管治療

根管治療

精密根管治療について

根管治療とは、むし歯で痛くなった歯の神経をとったり、かぶせものをする前に根の中をきれいにする治療のことです。この治療は 綺麗なかぶせものの寿命に関わる重要な処置であり、高度な技術を元にした精密な処置が求められます。

歯科用CT装置

通常のレントゲン写真は三次元の構造物を二次元のフィルムに投影して診査しておりました。
しかし、二次元のレントゲン写真では確認できない部分があります。
そのような場所を処置する際に歯科用CT装置は大きなメリットとなります。
今までより確実な処置が可能となるのです。本院では必要に応じてCT撮影を行います。
気になる方はご相談下さい。

ラバーダム防湿

根管治療は細菌との戦いです。
そのためにはお口の中の細菌が根の中に入り込むのを防ぐ必要があります。
患者さんに協力していただき、歯にゴムのカバーをつけて治療することにより安全確実な処置が可能となります。

歯の中に穴が開いている場合

根の治療でなかなか治らない症例の中には、歯の中に穴が開いている場合があります。
以前はなかなか治りませんでしたが、現在、症例によっては治すことができるものもあります。

いつまでもご自身の歯で噛めるように

当院では症例に応じて 歯科用CT装置・ラバーダムを用いて根管治療を行っております。
ご自身の歯で長く食事ができるように、きれいなかぶせものが長く持つように、私たちが協力させていただきます。
以下のような症状の方は是非一度、ご相談下さい。

① むし歯の治療をした後に、痛くなってきた。
② 「むし歯が大きいので神経をとらなければいけない」と言われた。
③ きれいな歯をかぶせたのに痛くなってきた。
④ 根の治療をした後に痛くなってしまった。
⑤ 歯茎が腫れてきて心配だ。
⑥ 根の治療が怖い。
⑦ 「治療できない」といわれたが、一度相談してみたい。

などの経験がおありの方は是非一度、ご来院いただければ歯の状態を説明し、可能な治療方法などをご提案させていただきます。

優しく丁寧に説明、治療をさせていただきますのでご心配いりません。
患者様のご健康のために、私たちにご協力できることがあるかもしれません。

難しいケースに関しまして専門医をご紹介させて頂きます。