TOPへ戻る

インプラント

インプラント治療専門医が在籍 "難症例" も対応可能
他の医院でインプラントを断られた方もあきらめないで下さい。

最新医療機器を用いた診査・診断 インプラント専門医による安心

当院では東京医科歯科大学病院の治療に則った標準的な治療をベースとして診査、診断を行います。
治療計画のためにインプラント症例すべてに院内CT撮影をさせて頂いております。

それと連動させて最先端のコンピュータガイドシステムを用いることでシミュレーション通りの正確な位置にインプラントを埋入することが可能であり、最小限の切開、最小限の骨および歯肉移植で手術を行うことが可能です。

また骨が足りなくてインプラントが難しい症例への骨増生、手術に対して恐怖心の強い方にリラックスして手術を受けて頂く麻酔(静脈内鎮静法)、全身疾患をお持ちの方等にも対応しております。
お気軽にご相談下さい。

横浜駅西口歯科のインプラント治療の特徴

① 腫れ、痛みを最少限に抑える治療

コンピュータガイドシステムや最新の医療機器を使うことで歯肉と骨へのダメージを最少限に抑えます

最新機器を利用した治療

東京医科歯科大学の治療システムを基に最高レベルの治療機器と診断機器をそろえています。
シロナ社(旧シーメンス)製のCT診断機器にこだわり最高精度の精密治療を行っていきます。

ストローマンガイドの手順

1 2

型取りをして歯の模型をつくります。

それぞれの模型を使ってCTを撮る時に使う装置を作ります。スキャンテンプレート。

3 4

スキャンテンプレートを装着した状態でCT撮影をします。

CTデータをもとにインプラントのプランニングをします

5 6

プランニングに従ってサージカルテンプレートを作製します。

出来上がったサージカルテンプレートを使ってインプラントの手術をします。
これによってシミュレーション通りの正確な位置にインプラントを埋入することが出来ます。

② 最新CT

しっかりと骨の状態を把握して安全にインプラントするにはCTが必須となります。
外部の医療機関にCTを依頼すると費用が3万円ほどかかってしまうところ、当院では院内CTがあるため、インプラント予定の方はCT撮影無料です。

従来のパノラマレントゲン画像

CT画像

2次元の平面画像のみ

立体で把握

CT撮影の重要性

インプラント治療ではあごの骨がどういう形態になっているかを立体的に診ることが欠かせません。
従来のレントゲンでは2次元の平面画像しか得られませんが、CTを用いると3次元の立体画像が得られ、平面画像ではわからなかった歯やあごの骨の詳細な立 体構造や神経の位置などを精度高く把握することができます。そのため当院では手術前にCT撮影をお願いしています。

インプラント治療の診査目的でCTを他で撮影しに行ってもらうと三万円ぐらいはしてしまうところ、当院は院内CTがあるため無料で行うことが可能です。

③ ストローマンインプラント

世界シェアNo.1 で骨とのくっつきが早いスイス製インプラントです。
学術的な裏付けのある製品を製造しており、世界で信頼されるブランドです。

当院で利用するインプラントは世界シェアNo.1、骨結合の早いインプラント

普通インプラントと骨が定着するのには3か月から6か月という長い期間がかかります。
しかし当院で使用しているストローマンインプラントは健全な骨の場合1.5ヶ月というチタン製インプラントとしては極めて早い骨結合期間で定着します。
治療期間の短縮につながるとともに、それによってまわりにある歯の移動も防ぐことができます。
また症例によっては1ヶ月で被せものまで入れることが可能なstraumannSLActiveを使用しています。
さらに強度が必要な場合にはstraumannSLActive Roxolidをアメリカから取り寄せて使用することもあり、各種ストローマンインプラントを使い分けております。
ストローマンは科学的エビデンスに重きを置いており、世界で信頼されているインプラントメーカーです。
世界シェアNo.1インプラントですので引っ越し等で歯科医院を変える際にも対応がしやすいメリットもあります。

④ 手術室

極力感染を抑えるためオペ室用の空気清浄機を備えたクリーンルームとなっています。
難症例や歯科恐怖症の方にも安心して手術を受けて頂けるよう麻酔設備も完備しております。

オペ室
無影灯

⑤ 難しい症例に対応

口腔外科出身のドクターが中心のため、骨が足りなくて他院でインプラントを断られた方や全身疾患のため他院でインプラントを断られた方等でも対応可能です。

治療前 シュミレーション

難しい症例も正確なシュミレーションをもとにインプラント埋入位置を決定

術前に撮影したCT画像でインプラントのシミュレーションを行います。
このケースの場合、上顎の骨が足りないためシミュレーションのインプラントが上顎洞(副鼻腔の1つ)に突き出ています。
このようなケースでインプラントをする場合はサイナスリフトが必要になります。

治療前 シュミレーション
サイナスリフト

上顎の骨が足りないために骨増生(サイナスリフト)をしてインプラントを埋入したケースです。オレンジの線が骨の外形を示します。
術前、術後で骨が増えているのが分かります。

治療前

治療後

骨移植前

 

骨移植後

 

インプラント埋入後

⑥ 包括的治療

いくらいいインプラントが入っても咬み合わせや他に悪い部位があればうまく咬めません。
お口の中全体の状態から治療計画を立て、必要な場合には歯周病治療、歯の神経の治療、矯正治療、被せ物治療等それぞれのスペシャリストが担当致します。

⑦ 仕上がりへのこだわり

インプラントは術式によって仕上がりに大きな差が出ます。インプラントを機能させるだけなら簡単なケースでも
審美的に仕上げるには骨や歯肉の造成が必要になり、術式の難易度があがります。
当院ではどの術式でも対応出来るような体制をとっており、患者さん一人一人に合った術式を良く相談のうえ、治療を進めていきます。
手術の回数を減らすため、症例によっては抜歯をした日にインプラントも埋めてしまう、抜歯即時インプラント埋入も行っています。

インプラント治療費

費用について

最高級-ストローマンインプラントを地域最安値で提供

安心保証

保証期間はインプラント治療を安心して行っていただくためインプラント本体10年、上部構造2年を実現しております。

医療費控除について

医療費控除は1年間に医療機関に支払った医療費用の合計金額が200万円までの範囲で、10万円を超える部分について受けられる制度です。
その対象としてインプラント費用も認められているので、この制度を利用して医療費用の負担を軽減することができます。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療は、ブリッジや入れ歯のような他の治療と比べて、「自分の歯を守る」という点では大きなメリットがありますが、デメリットも幾つかあります。

インプラント治療の3つのメリット

インプラント治療には次のようなメリットが挙げられます。

① 周りの自分の歯を守る

周りの自分の歯を守れるというのがインプラント治療の一番のメリットになります。インプラント以外の治療方法を選択する場合は入れ歯かブリッジという選択肢になります。入れ歯は周りの歯と歯肉に負担を求めるもので、歯がなくなった時の治療法としては一番侵襲の少ない方法になります。ブリッジは欠損部分の前後の歯を削って固定式の被せ物を入れるものです。固定式ですので入れ歯よりは噛む力が出ます。入れ歯もブリッジも共に欠損部分にかかる咬合力を周囲の歯で負担する形になります。
 一方インプラントは前後に負担を一切かけることなく欠損部分だけで治療が完結します。そのため、インプラント以外の治療法の場合は他の負担がかかっている歯が順番にダメになっていく負の連鎖が進みやすいのに対し、インプラントはその負の連鎖を食い止められる唯一の方法です。

② 取り外しの煩わしさがない

これはブリッジにも共通して言えることですが、入れ歯のように毎晩取り外したり洗浄する必要がないのと、食事の度に入れ歯と歯茎の間にものが挟まるといったこともありません。

③ 違和感が少ない

入れ歯からインプラントにされる方の理由で多いのが違和感ですが、入れ歯の場合は口蓋を覆うプレートがあったり、下の歯の内側にバーが通っていていつも舌に当たっていたりと本来口の中にないものがあるせいで違和感を覚えることが多いです。一方インプラントの場合は基本的には元々歯があった場所にインプラントの歯がくるだけですので、異物が増えるといった感覚は少なくて済みます。

インプラント治療の3つのデメリット

インプラント治療には次のようなデメリットが挙げられます。

① 治療期間が長いこと

歯を抜いた直後は骨に穴があいた状態になっています。ブリッジや入れ歯のような従来の方法では、ある程度歯を抜いた穴の部分がふさがってきた時点で、型取り(印象)をし、その後は2〜3回で完成し、治療は終了となります。
一方で、インプラント治療は骨の中に人工の歯根を埋め込む治療ですので、抜いた骨の穴の部分がしっかり治癒するのを待たなくてはいけません。
治療する部位にもよりますが、通常は約3ヶ月程度待ってから、CTで骨の状態を確認していきます。

CTで十分な骨の治癒が確認されたら、いよいよインプラントを埋め込む手術を行いますが、残念ながら埋め込んだ直後から噛めるようになるわけではありません。骨とインプラントがしっかりと結合する(これをオッセオインテグレーションとよびます)までに約2〜3ヶ月ほどかかり、骨と結合が確認されてからようやく仮歯で噛めるようになります。

近年では、抜歯してすぐにインプラント埋入する方法(抜歯即時埋入)やインプラントを埋めた直後に仮歯をかぶせる方法(即時負荷・即時修復)も良好な成績が報告されていますが、すべての症例に適応できるわけではなく、非常に条件が良い患者さんのみに適応が可能です。

結果的に、抜歯を治療のスタートとすると、噛めるようになるまでは約半年程度かかることになります。
欠損部分(歯がない部分)が大きい場合や前歯などの見た目が重要な部位では、その後仮歯で形態やかみ合わせなどを調整する必要がありますので、さらに数ヶ月かかることもあります。

このように、毎週のように歯科医院に通うわけではありませんが、トータルの治療期間が長いというのがインプラント治療の1つ目のデメリットといえるでしょう。

 

② 外科的な処理およびリスクがあること 

先に述べたように、ブリッジや入れ歯のような従来の方法では、歯を削って型取りをすれば、あとはそのブリッジや入れ歯の完成を待つだけです。
一方で、インプラントは骨に埋め込むための手術をしなくてはいけません。

手術自体は入院の必要もありませんし、長くても2時間程度の手術なので、医科の手術に比べると比較的軽い手術ではありますが、どうしても術後は痛みや腫れが伴うことが多くあります。
痛みに関しては、通常、術後に処方する鎮痛剤で緩和されることがほとんどですが、術後の顔の腫れを防ぐことは困難です。当然、どちらも個人差はありますが、術後5〜7日は人前に出たりする仕事や旅行などの遠出は控えた方が良いでしょう。
また、インプラントを埋め込むための十分な骨が不足している場合は、それに伴う解剖学的なリスクが生じてきます。

例えば、下顎の奥歯へインプラントを埋め込む場合、顎の骨の中を下歯槽神経という下唇の周囲の知覚を支配する神経が走行しており、万が一インプラントを入れる穴を掘るためのドリルなどで、その神経を損傷してしまうと、下唇から顎の先(オトガイといいます)にかけて、知覚麻痺(麻酔がずっと効いているような状態)が起こる可能性があります。
程度によっては薬剤療法などで回復することもありますが、大きく損傷してしまう(神経の切断)と元通りになることは難しく、長く後遺症として残る場合もあります。

事実、インプラント治療を巡る医療訴訟で最も多いのはこの「術後の知覚の麻痺」といわれています。
その多くが、神経までの距離を正確に測定するためのレントゲンであるCTを撮影せずに、インプラントの埋め込みの手術を行っていたともいわれています。

また、上顎の奥歯も骨が薄く、上顎洞という副鼻空の一部(蓄のう症などで膿がたまる空洞)が存在します。下顎と違って、神経があるわけではありませんが、その空洞にインプラントが突き抜けてしまうと、問題が起こります。
上顎洞という空洞は鼻の穴とつながっているため、体の内部というよりは、外部と同じ環境であり決して清潔な場所ではありません。
そこに、インプラントが突き出た状態になっているといずれ、上顎洞の中で感染や炎症を起こす可能性があります。

当院では、そのような事故を未然に防ぐためにCTを常設しており、場合によっては手術中に撮影することも可能です。
また、複数の歯科医師による確認後に手術計画を立て、正確な位置へ埋入するようコンピューターシミュレーションを行い、手術用のガイドテンプレートを用いて手術を行うことで、そのような事故を未然に防ぐよう注意を払っています。
また、術後の感染を防ぐためにもできるだけ使い捨て(ディスポーザル)の器具や材料を使用しています。

外科的な処置はインプラントの埋め込みだけではなく、十分な骨量が不足している場合は、骨を増やす処置(骨造成)が必要となります。
骨造成には様々な方法がありますが、骨の残存量によってインプラントの埋め込みと同時におこなうこと場合と、骨造成とインプラントの埋め込みを分けておこなう場合があり、後者の場合、手術回数が増えるため患者さんの負担も大きくなります。

そのため、心筋梗塞の既往や重度の糖尿病を患っている患者さんなどは、医師から手術の許可が得られず、インプラント治療を受けられない場合もあります。

このように、インプラント治療では、他の治療法にはない外科的な処置が必要となるのが2つ目のデメリットといえるでしょう。

 

③ 治療費が保険適用外のため高額であること 

ブリッジや入れ歯による治療は、健康保険の適用範囲内でも自由診療でもどちらの治療も受けられます。
両者の最大の違いは、使用している材質の強度や適合精度あるいは見た目が異なり、患者さんの希望によって選択していただくことが可能です。
しかし、残念ながらインプラント治療は保険適用ではなく、インプラント治療に関わる全ての検査(レントゲン)や術後の薬剤までもが保険の適用外となります。
以前、ある病院でインプラントのためのCT検査を保険適用で撮影し大きな問題となりました。健康保険で認められていない治療を受ける一個人の治療費用の一部を国民の血税でまかなうことは許されないのです。

インプラント治療が高額である理由は、治療を安心・安全におこなうためにかかる設備投資が大きいことと、治療過程における消耗品が非常に多くかつ高額であることに由来します。
決して、歯科医院が利益をあげるために法外な治療費を提示しているわけではありません。

自由診療ですので、医院によっては治療費に大きく差が見られることもあります。これは、使用しているインプラントメーカーにより価格が異なるため、差が出ることもありますし、清潔な環境への投資をどれだけ行っているかにもよって異なる場合もあります。
また、医院によっては埋め込みの手術代と上部構造代を分けているところもあります。

当院では、一生体内で使用されるインプラントですから、できるだけ感染など術後のトラブルが起こらないよう大学病院と同じレベルの滅菌環境にて行っており、安心・安全なインプラント治療を心掛けています。

 

インプラント症例

インプラント症例をご紹介

インプラント 治療例 ①

治療前

 

治療後

 

このような簡単な症例の場合は手術時間15分程度で術後の腫脹もほとんどありません。
治療期間は2か月です。

インプラント 治療例 ②

骨造成を行いインプラント修復したケースです。

治療前

 

治療後

 

>> インプラント 治療例 ②を詳しく見る

インプラント 治療例 ③

多数歯欠損をインプラントで修復したケースです。
多数の歯が欠損している部分に合計6本のインプラントを埋入して、ご自身の歯の様に咬めるようになりました。
骨が薄かった部分には骨造成をして骨の厚みを増やしてからインプラントをしています。

治療前

 

治療後

 
   

>> インプラント 治療例 ③を詳しく見る

インプラント 治療例 ④ サイナスリフト、ブロック骨増生

>> サイナスリフトとインプラント埋入の症例を詳しく見る

インプラント 治療例 ⑤ インプラント + セラミックス修復とホワイトニング

下の奥歯にインプラント、他にも根管治療やセラミックス修復、ホワイトニングなど包括的な治療をした症例です。
治療期間は11ヶ月です。

治療前

 

治療後

 
 

>> インプラント 治療例 ⑤ インプラント + セラミックス修復とホワイトニングを詳しく見る

インプラント 治療例 ⑥

Straumann Locator Systemというシステムでインプラントを用いた入れ歯維持システムです。 ボタンのような装置で入れ歯を固定します。
インプラントの上部構造がボタンの凸部分になり、入れ歯のほうにボタンの凹部分を埋め込みます。インプラントで入れ歯を支えるので一般的な入れ歯よりもしっかり咬めます。 治療費用が安く、付けはずし式なのでメンテナンスしやすいのが特徴です。

治療前

 
 
   

治療後 (義歯なし)

 
   

治療後 (義歯あり)

 
 

インプラントよくあるご質問

Q.1 なるべく早く治療したいのですが…

A.

当医院はストローマンインプラントを利用しています。
骨との結合が早く、かつ結合の強いインプラントです。骨の条件が良ければ手術から最短で1か月半で治療終了できます。

Q.2 手術はしたくないのですが…

A.

CTデータを基にしたコンピューターシュミレーションサージカルガイドを用いることにより最少限の切開と必要最小限の侵襲で正確なインプラント埋入が行えます。
それによって手術時間は短縮され、術後の腫れと痛みも減少します。
ケースによって様々ですが、簡単なケースでは手術時間15分程度で術後まったく痛みを感じない場合もあります。
手術に対する恐怖心が強い場合は静脈内鎮静法によって寝ている間に手術を終えることができます。

Q.3 キレイに治したい

A.

補綴専門医と口腔外科医が連携することにより、最終的な位置を想定した高精度なインプラント埋入と精密審美治療が行えます。

Q.4 費用はどのくらいかかるの?

A.

院内でかかる費用はホームページで開示しております。
インプラントは310,000円(税抜き)~と最高品質のストローマンインプラントとしては地域最安となっております。
不明な点はお気軽にスタッフにお尋ねください。 また、治療の前にかかる費用については見積もりをお出しいたします。

Q.5 CTで何がわかるの?

A.

骨の形態がほぼすべてわかります。インプラントを埋入するための骨幅や骨の量、神経や血管の位置など必要な情報のほとんどを得ることができます。
レントゲンでは見つけることが難しい根の先の病巣や歯の割れ、根の間の病巣など見つけにくいトラブルの原因を見つけることができます。

Q.6 放射線量は?

A.

当院で用いているCTはコーンビームCTといって非常に被ばく量の少ないCTを用いてい ます。医科用胸部CTの線量は6400μシーベルトですが当院のCTは60~150μシーベルト程度です。東京ニューヨーク間を飛行機で移動した場合に機 内で浴びる放射線量は200μシーベルトです。当院では細心の注意で必要な時だけCT撮影を行っております。

Q.7 高齢でもインプラントはできるの?

A.

年齢に関係なくインプラントは可能です。
当院では80歳以上の方でもインプラントをされています。

ただやはり高齢の場合には体力が落ちていたり、何かしら全身疾患を抱えている場合が多く、それぞれ個々に対応させて頂いてます。

Q.8 メンテナンスは必要な?

A.

当然必要です。
患者様のリスクにより頻度は変わりますが平均で3ヶ月に一回のペースでメンテナンスにお越しいただいております。
インプラントに限らず一般の歯科治療を行っている方も3ヶ月に一回くらいのペースでのメンテナンスは必要です。

Q.9 インプラントに保証制度はありますか?

A.

横浜駅西口歯科 インプラントセンターでは、患者様に安心してインプラント治療を行っていただくためインプラント本体10年、上部構造2年の保証制度がございます。

Q.10 インプラント治療の成功率は?

A.

インプラント治療の成功率は98%以上。インプラントはほとんどのケースで問題なく成功しますが、タバコを吸っていたり、定期的なメンテナンスを怠ると失敗の原因になります。他には骨質や骨量の問題、咬み合わせの問題、全身疾患等もリスク因子になります。

Q.11 歯は、抜けるのですがインプラントは、抜けないのですか?

A.

インプラントにはインプラント周囲炎といって歯の歯周病のようなものがあります。これが悪化するとインプラントも抜けます。予防のためには日々のご自身の歯磨きと定期的なメンテナンスを続ける必要があります。基本的には歯よりもインプラントのほうが抜けにくいです。

Q.12 インプラントって取り外せるのですか?

A.

インプラントは3つの構造物から出来ていて、インプラント本体にあたるフィクスチャーと その上につける土台にあたるアバットメント、さらにその上につける歯の被せものの上部構造からなります。フィクスチャー自体は骨とくっついてしまうので取 り外し出来ませんが、上部構造は様々な種類があるのでものによって取り外しも可能です。取り外せるもののほうがメンテナンスはしやすいです。

Q.13 歯磨きは、めんどくさいのですがインプラントは、やってみたいのですが?

A.

インプラントも天然の歯と同じように歯磨きをしないとダメになってしまいます。インプラントをする場合は歯磨きは必ず必要です。
歯磨きを楽にしたい場合は入れ歯を支える形のインプラント(ロケーター)にすると磨く場所が少ないので比較的お手入れは楽になります。

Q.14 1ヶ月でインプラント治療は、可能ですか??

A.

骨の条件が良くて、骨とのくっつきが早いタイプのインプラントを使えば1ヶ月でインプラント治療は可
能です。但し、歯を抜いてからしばらく時間がたっている場合です(3ヶ月程度)。
歯を抜いてから治癒する期間も含めると3ヶ月以上かかります。

Q.15 抜歯して1年以上たってもインプラントは、可能ですか?

A.

可能です。但し、抜歯後の期間が長すぎると骨が減って、インプラントをするうえで不利になることがあります。

インプラント担当医 ご紹介

審美・インプラント・口腔外科 担当 院長:大橋 豪

略歴

米国ニューヨーク州にて幼少期を過ごす
栄光学園、慶應義塾大学入学
2007年 国立東京医科歯科大学卒、同大学附属病院勤務
2009年 国立国際医療研究センター病院歯科口腔外科 勤務
2014年 二子玉川インプラントセンター開設
2016年 横浜駅西口歯科 開設

資格

日本口腔外科学会認定医
岩手医科大学CEインプラントコース修了
ハーバード大学CEインプラントコース修了

専門分野

口腔外科 
インプラント治療
オールセラミックス審美治療

所属学会

日本口腔外科学会 
日本歯科麻酔学会
日本口腔インプラント学会 
ITIメンバー

スタディグループへの参加状況

 

インプラント 担当:畠山 一朗

略歴

2002年 埼玉県立川越高校 卒業
映画「ウォーターボーイズ」シンクロアドバイザー、出演
2012年 東京医科歯科大学大学院 卒業
2012年 東京医科歯科大学歯学部附属病院 総合診療部研修医
2012年 東京医科歯科大学歯学部附属病院 顎口腔外科 医員
2014年 さいたま赤十字病院口腔外科 勤務
2014年 電源開発歯科診療所 勤務
2014年 日本銀行歯科診療所 勤務
2015年 みなと赤十字病院歯科口腔外科 勤務

資格

歯学博士
日本口腔外科学会認定医

専門

口腔外科

所属学会

日本口腔外科学会
日本顎顔面インプラント学会
日本口腔インプラント学会
日本再生医療学会

診療日程のお知らせ

 

インプラントカウンセリングWEB予約はこちら


セカンドオピニオン

当院はインプラントセカンドオピニオンを受付けております。

セカンドオピニオンとは…?

「医者をかえる」ことではありません。
現在治療中の医師との良好な関係を保ちながら、複数の医師の意見を聞くことです。

医療が進歩してさまざまな治療法が生まれています。
その結果、医師によってあなたの病気に対する考え方が違うことがあります。
また、医師や病院によって、 医療技術や診療の質に差があることも考えられます。
そこで、あなたにとって最善と考えられる治療を、患者と主治医で判断するため、主治医以外の医師の意見 を聞くこと。
それがセカンドオピニオンです。

場合によっては、医師を変更することもあります。

納得して治療法を選ぶことは、患者の持つ基本的な権利です。

同じ手術をするとしても、「どんなリスクがあるのか」「ほかにどんな選択肢があるのか」を知ったうえで行うことは、非常に重要なことです。

セカンドオピニオンは、患者の権利を守ると同時に、医師にとっても誤診を回避するなど多くのメリットを持ったしくみです。

セカンドオピニオンへのお問合せについて

横浜駅西口歯科ではセカンドオピニオンを受付けております。

お問合せ、ご相談の際には下記電話までご連絡下さい。
※ ご連絡の際には、「ホームページのセカンドオピニオンを見た」とお伝え下さい。

地図・診療時間

地図



住所

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-1-22 ナガオカビル6

電話番号

Tel:045-620-0418  << ワンタッチでお電話可能です。>>

診療時間・休診日

診療時間 土・日
午前診療
10:00 ~13:00
午後診療
15:00 ~20:00

※ 土・日の診療時間は 午前診療:9:00-13:30 午後診療:15:00-18:30 となります。

休診日

祝日

院内紹介

待合室・受付

診療室

医療機器

診療内容

 

ご予約はインターネット予約またはお電話で承っております。

インターネット予約はこちら

※ 再診(2回目以降)の方はお電話にてご予約下さい。

お電話でのご予約ご希望の方

当院は予約制となっております。
TEL:045-620-0418 までご連絡下さい。