TOPへ戻る

クリニック紹介

クリニック紹介

横浜駅西口歯科 6つの取り組み

① 痛くない治療

歯科治療において最も不快なことは、治療に伴う「痛み」だと思います。

当院では、麻酔をする前に必ず表面麻酔を行い、針の刺入の痛みを最小限にしています。
さらに、針の先端に極細のものを用いる、麻酔薬を人肌並みの温度にする、麻酔薬のゆっくりと注入するなど、痛みを最小限に抑えるためのあらゆる工夫をしております。
麻酔が苦手な方でも安心して治療を受けられます

麻酔の際には一番細い注射針を使っています

太い針よりも、細い針のほうが痛みを感じにくいというのはイメージしていただけると思います。
当院では、麻酔が痛くないように「33G」という一番細い注射針を特別に取り寄せて使用しています。

麻酔液を人肌に温めています

麻酔液が注射するときに、体温より温かすぎたり冷たすぎたりすると、麻酔液が入ってきたことを体が敏感に感じて、それが痛みにつながってしまいます。
当院では、体温に近い人肌くらいの温度に麻酔液を温めてから注射しています。(温めても麻酔液の品質に変化はありません。)
もちろん温めなくても使えますが、私は痛いのが嫌なので必ず温めています。

また、インプラントや親知らずの抜歯など外科手術に伴う不安や恐怖心に関しては、「静脈内鎮静法」を行っています。
これは、点滴から薬剤を入れ、気持ちがリラックスした状態にする方法で、全身麻酔とは異なり完全に眠って意識がなくなるわけではありませんが、手術中の不快感がほとんど消失します。
全身麻酔ではないので、入院などの必要がなく手術が終わった後は少し休んでいただきお帰りいただけるので、お忙しい方でも日帰りで手術を受けることができます。

② 出来るだけ歯を削らない・抜かない

患者様の大切な歯を守るため安易に削らない

「健全な歯を少しでも削ることは、その歯が抜歯に向かうスイッチを押すことに他ならない」と言われています。

つまり、少しでも歯を削ってしまうと、その部分からまたむし歯が再発したり、神経を取ることになったり、被せ物が大きくなったり、最終的には支える根が割れてしまったりして、抜歯となってしまいます。

当院では、安易に歯を削ることや抜くことをせず、できるだけ「歯の保存」に努めています。

患者様の歯を削る切削機器へのこだわり

切削時にブレのない切削器具を使うことによって一般的な機器よりも精密な治療が可能です。

当院で使用している切削機器

通常の切削機器

③ 最先端の医療機器による正確な診断と精密な治療

「治療法はたくさんあっても診断は一つ」と言われるほど、診断は重要です。

当院では正確な診断と精密な治療を行うために、(歯科医師自身が日々研鑽に努める一方で)、最先端の医療機器を取り揃えております。
歯科用コンビームCTは歯や骨といった硬組織の内部を3次元的に画像化することで、歯根の中や顎の骨の中の問題をより正確に診断できるようになりました。
また、神経や血管などの解剖学的に注意しなければいけない構造物の位置を100μm単位で把握できることにより、親知らずの抜歯やインプラント治療などの外科手術をより安心・安全・精密に行うことが可能となります。
インプラント治療に関しては、全症例でCTを撮影することはもちろん、撮影後にデジタルプランニングといわれる、コンピュータシミュレーションを行っています。

より正確なインプラント治療を実現するために

さらに、そのシミュレーションを基に、正確な位置へインプラントを埋入できるようマウスピース型装置(サージカルテンプレート)を作製し、より短時間でかつ正確なインプラント埋入手術を目指しています。

また、せっかく丁寧に治療をしても、最終的な詰め物やかぶせ物と歯の間に隙間があると、そこからまたむし歯や歯周病が進行してしまいます。
むし歯や歯周病の原因となる細菌の大きさは約0.5~10μmと言われ、再発させないためには非常に高い精度が要求されます。
当院では、精密な治療を心掛けるために歯科用拡大鏡(ルーペ)を用いて治療を行い、また型取りなどの材料も最先端のシリコン材料を用いています。

歯科用拡大鏡(ルーペ) より明るい視野を確保するためのLEDヘッドライト

④ 院内感染予防への取組み

患者様に安心して治療を受けて頂くために徹底した院内感染予防を行っております

歯科用ハンドピース(歯を削るドリル)は唾液や血液にさらされることが多いため、消毒滅菌が必要です。
最新の滅菌システムを利用して感染予防を行っております。

クラスS滅菌器を利用した世界基準の滅菌を行っております。

i Clave mini

患者様毎にハンドピースや切削用ドリルを交換、
都度滅菌処理をしています。
小型で急速滅菌処理が可能な器材を使用しています。

ホルマリンガス殺菌器 ホルホープ

常温・常圧で器具や器材を傷めることなく、スピーディーな殺菌処理を実現したホルマリンガス殺菌器です。
約25~30℃の常温・常圧で殺菌を行うため、オートクレーブを使用できない器具器材に使用できます。

大学病院レベルの設備を完備 空調環境への配慮も万全

外気清浄機

きれいな空気を取り込みながら常にオペ室を陽圧換気します。
常にきれいな空気を取り込んでいます。
大学病院と同様の環境にしています。


地味ですがここから出ています。
中の空気も別の空気清浄機で循環してます。

中の空気をきれいにしているだけでなく、中に汚い空気が入らないよう陽圧に保っていること。

⑤ 最高品質のチェア

当院の手術室では、世界で最高級のドイツカボ社製診療台を使用しております。

徹底した清潔環境を作り出すため、診療台で使用される水はうがい用の水を含めて消毒されています。もちろん飲んでも全く問題ありません。
また診療の間疲れにくい構造になっており、歯科業界初の背中に優しいAGR認定マークを取得しております。それ以外にも明るいライトや高性能な切削器具等、様々な機能によって高度な治療を可能にしています。

KaVo水消毒システム

インスツルメントとスピットンに低濃度の過酸化水素水を使用し 水路管を衛生的に保ちます。
休院前には少し濃度の過酸化水素水を水路管内に30分間滞留させて バクテリアの繁殖などを防ぎます。

無影灯

単体で手術をできるレベルの高性能のライトに加えて、もう一つ無影灯を設置しております。患者さんが手術を受ける際にまぶしくないように、光の照射箇所を正確に限定することが可能です。

オペ室以外のチェアも特別オーダーの高品質のものを採用

チェア

ふかふかシートを採用しております。
高級ソファーのようなすわり心地です。
よく治療中に眠ってしまう方がいらっしゃいます。

鏡付きのライト

鏡がついているのでお口の中を確認しやすいようになっています。

 

⑥ 平日夜8時まで、土日も診療

お仕事で忙しい方も通院しやすいように、
平日夜8時まで、土日の診療も行っております。

ご予約はお電話、またはインターネットにて承っております。
お口の中のお悩みお気軽にご相談下さい。

インターネット予約はこちら

※ 再診(2回目以降)の方はお電話にてご予約下さい。

お電話でのご予約ご希望の方

当院は予約制となっております。
TEL:045-620-0418までご連絡下さい。

診療時間・休診日
診療時間 土・日
午前診療
10:00 ~13:00
午後診療
15:00 ~20:00

※ 土・日の診療時間は 午前診療:9:00-13:30 午後診療:15:00-18:30 となります。

休診日

祝日



院内設備

当院ではAED(自動体外式除細動器)を設置しています。

診療内容

 

ご予約はインターネット予約またはお電話で承っております。

インターネット予約はこちら

※ 再診(2回目以降)の方はお電話にてご予約下さい。

お電話でのご予約ご希望の方

当院は予約制となっております。
TEL:045-620-0418 までご連絡下さい。