TOPへ戻る

お知らせ

カテゴリ: 審美歯科

オールセラミックス、ジルコニアなど様々な種類がありますが、違いが全くわかりません。

歯の被せ物の材料には様々な種類がありますが、オールセラミックスとは金属を全く使わず、セラミックスのみを使用した材料になります。

セラミックスとは狭義には陶磁器などのことをいいますが、広義には無機物を焼き固めた焼結体のことをいいます。歯科では白くて審美的なジルコニア、アルミナ、二ケイ酸リチウム(e.max)などがあります。

ジルコニアは二酸化ジルコニウムZrO2というジルコニウムの酸化物、アルミナは酸化アルミニウムAl2O3というアルミニウムの両性酸化物になります。

どれも材料自体の色が白く、強度があるため、従来では強度の問題で金属を使わざるを得なかった部分にもこれらを使うことでメタルフリーで審美的な治療が可能になりました。特に前歯の治療で金属を使ってしまうと歯茎とのきわが黒くなったり、歯自体の透明感が出しづらくなってしまいます。

おおまかな違いとしては、ジルコニアは強度、アルミナは審美性、二ケイ酸リチウムは強度と審美性ともにそこそこ兼ね備えているといったところです。

その中でもジルコニアと二ケイ酸リチウム(e.max)はいま特に注目を集めている材料です。どちらも審美性、強度共に高い材料ですが、違いはジルコニアのほうがより強度が高く、奥歯の強い力がかかる部分やブリッジなど強度が必要な部分により向いています。
審美性では二ケイ酸リチウム(e.max)のほうがより天然歯に近い透明感が出せます。

ただしそれぞれに研究が進んでいてジルコニアは以前はチョークのように白いだけで、全く透過性のないセラミックスだったのが、今では高透過性の審美性のより高いものも出てきています。

日付:  カテゴリ:よくあるご質問, 審美歯科 and tagged , ,