TOPへ戻る

症例:インプラント

症例:保存不可の歯を2本抜歯して骨造成およびインプラント修復したケース

治療内容について

主訴

前歯を治したい

治療期間

9ヶ月

治療前後比較

治療前

治療後

治療の流れ

治療前

歯根の状態が悪いため、抜歯してインプラントをしていきます。歯肉の高さ、ボリュームが足りないため、このままインプラントしたのでは長い歯になってしまいます。
矯正によって歯肉の高さを増やし、骨造成によって歯肉のボリュームを増やすことにしました。

矯正によって歯肉の高さを増やしたところです。
隣の歯と比べると術前より歯肉の高さが増したのがわかります。
ここから抜歯して1月半後にインプラント埋入と骨造成を同時に行ってます。

インプラント埋入後、4ヶ月目。
骨造成によって歯肉のボリュームが増えています。

正面観

咬合面観

最小限の切開で埋まっているインプラントにヒーリングキャップをつけたところです。

インプラントにアバットメント(土台)をつけたところです。

術前と比較して歯肉の高さ、ボリュームも増えており、キレイな被せ物が入っています。