TOPへ戻る

お知らせ

骨に悪い影響は、出ませんか?

インプラントの骨への影響は、インプラントの材料によって違います。

これまで、インプラントには様々な材料が用いられてきましたが、その材料と骨との結合様式によって3つに分けることができます。

名称未設定-1

現在では用いられていませんが、コバルトクロム合金やステンレス鋼を用いた骨膜下インプラントなどでは、材料と顎骨の間に線維組織が介在する介在性骨結合と呼ばれ、これらの材料は生体内許容性と言われています。

材料と顎骨の間に線維組織が介在すると、噛むたびにその組織が押され痛みが生じることがあり、結果的に骨に炎症を起こすことがありました。

現在用いられるチタンやチタンにアパタイトコーティングを施したインプラントは、それぞれ「生体不活性材料(チタンやジルコニア)による線維組織が介在しない直接性骨結合」、「生体活性(ハイドロキシアパタイトやリン酸カルシウム)による化学的結合」といわれています。

大部分のインプラントはチタン製でいわゆる「生体内不活性」や「生体内安定材料」とも呼ばれるように、骨に対して全く活性がなく骨と材料の間にも線維組織が介在しないので噛んでも痛みは起こりません。

また、日本特有とも言えるハイドロキシアパタイトコーティングのインプラントの場合、骨と化学的に結合していますので、チタンよりも早期に結合すると言われています。しかしながら、長期的にその結合がどのような動態になるかはまだ議論の余地が残るところです。

現段階で言えることは、チタン製のインプラントであれば、長期的にみても生体内で悪影響を及ぼすことはまずないでしょう。

横浜駅すぐ評判の歯医者|横浜駅西口歯科

日付:   カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問