TOPへ戻る

お知らせ

被せ物・上部構造が壊れる可能性はありますか?今までどのくらいありましたか?

インプラントの上部構造が壊れる可能性はあります。

インプラントの治療後の合併症(起こりうるトラブル)の中でも、最も多いのが、上部構造の破折とインプラント周囲炎であると報告されています。

上部構造にセラミック材料を用いた場合に特に多く、被せ物の一部がお茶碗の縁のように欠けてしまうといったことは比較的よくあることです。

最近では、色も白く強度も高いジルコニアという材料が応用されるようになり、そういったトラブルは減少しましたが、上部構造は毎日口腔内という過酷な環境の中で機能しているため、経年劣化は免れません。

しかしながら、もし仮に上部構造が壊れてしまっても、土台の部分のインプラントに問題なければ、再度上部構造の作り直しや修理で対応することも可能です。

最近では、上部構造のそういったトラブルに関して、保証制度を設けている医院も少なくありません。事前に医院に確認すると良いでしょう。

横浜駅すぐ評判の歯医者|横浜駅西口歯科

日付:   カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問