TOPへ戻る

お知らせ

喫煙者ですがインプラント治療は可能でしょうか?

喫煙者でもインプラント治療は可能ですが、リスクを伴います。

リスクとは、具体的に『手術後のリスク』と『メンテナンス時のリスク』に分けられます。

そもそも、喫煙が口腔内に与える一番の悪影響は「血流を悪くする」ということです。具体的には、ニコチンなどの有害物質の薬理作用により、口腔内の歯ぐきなどの歯周組織に対して「毛細血管の収縮」が起こります。続いて、「血行障害」が起こり最終的に局所的な「酸素分圧が低下」し、「免疫機能が低下」が引き起こされます。

つまり、インプラント治療においては、「手術部位の治癒が悪くなるということ」と「長期的にみて、非喫煙者と比べ、インプラント周囲炎のリスクが高いこと」が挙げられます。科学的データではどちらも非喫煙者の2倍以上のリスクがあると言われています。

できれば、インプラント治療を機に禁煙することが望ましいですが、禁煙が難しい場合はインプラント埋入手術後2週間くらい(手術部位の歯ぐきの治癒が完了するまで)はできるだけ本数を減らした方が良いでしょう。

また、最終上部構造が入り治療が完了した後も、喫煙者の場合はインプラント周囲の歯ぐきになにかトラブルが起きても自覚症状が出ることが少ないため、定期的にメンテナンスを受けることが重要になってきます。

横浜駅すぐ評判の歯医者|横浜駅西口歯科

日付:   カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問