TOPへ戻る

お知らせ

喫煙していてもインプラントはできますか?

喫煙によりインプラントの生存率、成功率は有意に減少するという論文が多数あり、基本的には禁煙して頂いたほうがいいです。

またインプラント周囲炎のリスクも喫煙によって高くなります。喫煙することで、血管収縮、血流低下、白血球機能障害がおき、それによってインプラント手術後の治癒不全がおきてきます。特に手術後の抜糸のときなど、粘膜の治癒の違いが目に見えてわかります。

喫煙しているとインプラント治療が禁忌になるわけではありませんが、生存率、成功率が低くなるリスクは理解しておいて頂く必要があります。

特にヘビースモーカーの場合はインプラントの失敗と周囲骨吸収のリスクが増加します。

完全な禁煙ができない場合は、手術前後の数週間禁煙するだけでも生存率に違いが出るという文献もあります。

当院ではインプラント治療を希望される方に対して、基本的には禁煙をお勧めしていますが、完全な禁煙が難しい場合には前後数週間の禁煙をして頂いています

大がかりな骨増生が必要な場合には完全な禁煙を条件とさせて頂いています。

横浜駅すぐ評判の歯医者|横浜駅西口歯科

日付:   カテゴリ:インプラント, インプラント治療前, よくあるご質問 and tagged , ,