TOPへ戻る

お知らせ

インプラントの術前検査はどのようなものですか?

インプラント治療は、高額かつ長期に渡る治療期間がかかり、そのうえ外科的処置が必要であることから、事前に入念な術前検査が必要です。外科処置において必ず確認が必要なのは、全身状態です。

問診による全身状態や投薬状況の把握や、場合によっては血液検査によって異常値がないかを調べます。
また、欠損した部分だけではなく、お口の中全体で今後抜歯になりそうな歯がないか、あるいはかみ合わせる相手の歯に問題がないかなど、術前に他の歯のレントゲンや型取りをしてX線および模型診査が必須となります。

また、なかでも最も重要なのは、歯科用の低被曝精密CTです。
顎の骨の状況や神経・血管・副鼻腔の位置などを把握し、手術時のトラブルを避けるためには必須となります。
当院では低被曝精密CT完備しております。

横浜駅すぐ評判の歯医者|横浜駅西口歯科

日付:   カテゴリ:インプラント, インプラント治療前