TOPへ戻る

お知らせ

インプラント 埋入後 腫脹があります。

インプラント埋入後の合併症(起こりうるトラブル)の一つとして腫脹(腫れ)があります。

インプラント埋入手術は歯肉を切開し、顎骨を削る外科的な処置となりますので、術後の腫れ・痛みは必ず起こります。
下の奥歯などで骨移植を伴わない1~2本の埋入であればそれほど目立つ腫れはないでしょう。

しかし、前歯や上の奥歯などで骨移植を伴うことが多い部位では、外から見て目立つほど腫れることがあります。

この腫れは、通常、手術当日ではなく術後2〜3日頃から始まります。
この腫脹は個人差がありますが、通常5日後以降は痛みとともに消退していきます。
7日を過ぎても腫れや痛みが引かない場合は、速やかに手術した医院に相談しましょう。

横浜駅すぐ評判の歯医者|横浜駅西口歯科

日付:   カテゴリ:インプラント, インプラント治療後, よくあるご質問