TOPへ戻る

お知らせ

インプラント治療後に他の歯が悪くなったら、治療しなおさなければならないのですか?

インプラント治療のデメリットとして、①費用がかかる ②時間がかかる ③手術が必要 の3つが挙げられます。したがって、一度治療が完了したのに、また治療や抜歯が必要になってしまったら、また1からやり直さなくてはいけません。患者さんにとっては、またお金も時間もかかるというのは大きな負担です。ですから、そういうことがないように、あらかじめ、ある程度の予知(予見)性を持って治療計画を立てることが非常に重要です。すなわち、いま歯がないところだけを“とりあえず”インプラントにするのではなく、近い将来に抜歯になる可能性がある歯は、あらかじめ抜歯して、そこも同時にインプラント治療を行うなど、お口の中全体を見通した判断が歯科医師に求められます。

中でも歯周病はインプラント治療を開始する前に必ず治療やコントロールが必要となります。また、むし歯や適合の悪い被せ物などはインプラント埋入後の治癒期間中(骨と結合するまでに待っている時間)に、治療を行うことが重要です。

横浜駅すぐ評判の歯医者|横浜駅西口歯科

日付:   カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問 and tagged