TOPへ戻る

お知らせ

かみ合わせに影響が出たりしますか????心配です。

歯の欠損を放置すると、隣合う歯がその欠損したスペースに倒れこんだり、あるいは噛む相手がいなくなった向かいの歯が伸びてきたりして、噛み合わせに支障をきたします。
本来、インプラント治療は歯が欠損した部分を補い、噛み合わせを正しく、あるいはその不正を予防する治療ですので、インプラントをすることで噛み合わせがおかしくなるということは原則的にはないでしょう。

しかし、もともと顎関節症や噛み合わせの違和感(咬合違和感症候群)などがある患者さんへのインプラント治療は慎重に行うべきです。

インプラント治療を行う前に、あらかじめそのような問題を解決しないまま、インプラント治療を行ってしまうと、顎関節症が悪化したり、本来感覚のないはずのインプラント部分に違和感を覚えたりすることがあります。

また、長期的な視点で見てみると、天然の歯は時間とともに少しずつ磨耗しすり減っていきますが、インプラントの被せ物(上部構造)の材質によっては磨耗しにくい材料(ジルコニアなど)もあり、噛み合わせに微妙なずれが生じることがあります。それを防ぐためにも、定期的なメンテナンスを受け、歯科医師による噛み合わせのチェックが必須となります。

横浜駅すぐ評判の歯医者|横浜駅西口歯科

日付:   カテゴリ:インプラント治療前, よくあるご質問